バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『デクスター/警察官は殺人鬼』 DEXTER (2006─)
原作/ジェフ・リンジー
製作/ドリュー・Z・グリーンバーグ、ロバート・ロイド・ルイス、デニス・ビショップ
製作総指揮/ジェームズ・マノス・Jr、ジョン・ゴールドウィン、サラ・コレトン、クライド・フィリップス
監督/マイケル・クエスタ、ロバート・リーバーマン 他
脚本/ティム・シュラットマン
音楽/ダニエル・リット
出演/マイケル・C・ホール、ジュリー・ベンツ、ジェニファー・カーペンター、エリック・キング、ローレン・ヴェレス、デヴィッド・ザヤス、ジェームズ・レマー 、 C・S・リー

彼の名はデクスター・モーガン。
善良な警察官にして天性のシリアルキラー。
だが殺すのは──凶悪な犯罪者のみ。



オープニング映像

マイアミ警察の優秀な血痕鑑識官として働くデクスター・モーガンには、もう一つの顔があった。それは自らの殺害欲求を抑えられない「シリアルキラー」としての顔。しかし、彼が狙うのは彼独自の基準に適った凶悪な犯罪者のみ。
幼少期、彼を理解する里親である刑事ハリー・モーガンにより、抑えきれない殺人欲求を解消するための教えを受けたデクスター。無感情の身に温厚で愛想の良い仮面をつけ社会に溶け込み、標的は法を逃れた凶悪犯、警察の追跡をかわす方法を学び、「ハリーの掟」を忠実に守っている。
デクスターは優秀な鑑識官として事件を解決する一方で、法で裁き切れない凶悪犯を己の衝動に因って次々と殺害していく。



主人公は「シリアルキラー」である、というネタばれから始まるストーリー。なので、ドラマのわりと早い段階で視聴者には「冷凍庫キラー」の正体や、デクスターとの関わりなどもわかってしまいます。知らぬは本編の登場人物たちだけ。いわゆる「志村、後ろ後ろ!」ですね。普通なら忌避されるべき主人公に、いつの間にか感情移入してしまっています。インモラルな題材を扱いながら暗さや憂鬱さ、残虐性を感じさせない作風。ラテンのリズムにのせて、複雑怪奇、奇妙な味の話がテンポよく進んでいきます。時にシニカル、時にユーモアたっぷりなデクスターのモノローグが、正義と悪の価値観の境界線に揺さぶりをかけてきます。おすすめの連続ドラマです。

※シーズン6までリリース中。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
216位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。