バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイコ

『サイコ』 Psycho (1960・米)
配給/パラマウント映画
監督/アルフレッド・ヒッチコック
脚本/ジョセフ・ステファノ
原作/ロバート・ブロック
製作/アルフレッド・ヒッチコック
音楽/バーナード・ハーマン
撮影/ジョン・L・ラッセル
美術/ジョセフ・ハーレイ、ロバート・クラットワージー、ジョージ・ミロ、ソウル・バス
編集/ジョージ・トマシーニ
助監督/ヒルトン・A・グリーン
タイトルバック・絵コンテ/ソウル・バス
出演/アンソニー・パーキンス、ヴェラ・マイルズ、ジョン・ギャビン、マーティン・バルサム、ジョン・マッキンタイア、サイモン・オークランド、ジャネット・リー、ジョン・アンダーソン、パトリシア・ヒッチコック、フランク・アルバートソン、ルーリン・タトル、ボーン・テイラー、モート・ミルズ

最初から観るか――全く見ないで下さい。上映開始後は入れません。

アリゾナ州の小さな町ファーベル。そこの不動産会社に勤めているマリオン・クレーン(ジャネット・リー)は隣町で雑貨屋をひらいているサム・ルーミス(ジョン・ギャビン)と婚約していたが、サムが別れた妻に多額の慰謝料を支払っているために結婚できないでいた。
土曜の午後、銀行に会社の金4万ドルを収めに行ったマリオンは、この金があればサムと結婚できるという考えに負けて隣町へ車で逃げた。途中、中古車を購入して乗り換えるが、挙動不審なマリオンをじっと警官が見詰めていた。なんとかその場を遣り過ごしたマリオンは、夜になって雨が降って来たので、心理的な疲れもあり、郊外の旧街道にある寂れたモーテルに宿を求めた。
モーテルを経営するノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)は、マリオンを1号室へ案内する。ルームサービスもないというので、マリオンはノーマンの食事の誘いを受けた。
ノーマンは母親と2人でモーテルに接続している古めかしい邸宅に住んでいて、頭が良く神経質で母親の影響を強くうけていた。マリオンを邸宅に招き食事の用意をするノーマン。マリオンの耳に、女を連れ込んだ事のなじり、マリオンを売女と罵る病気の母と、マリオンを擁護し口論するノーマンの2人の声が聞こえて来た。ぎこちない食事のあと、ノーマンとマリオンはモーテルへ戻る。マリオンがシャワーを浴びようと服を脱ぐのを、ノーマンは動物の剥製で一杯の管理人室の壁の穴から覗き見していた。ノーマンは背徳感を感じて目を背け、目を瞑ったまま寝入ってしまった。
シャワーを浴びていたマリオンは、突然背後に気配を感じた。包丁を構えた影は、何度もマリオンに振り下ろし、マリオンは抵抗虚しく息絶えた。排水口には、真っ赤な血が流れ込んで行く。目覚めたノーマンが1号室にマリオンを訪れた時、彼女は浴槽の中で血まみれになって死んでいた。ノーマンは殺人狂の母親の仕業と見て、マリオンの死体を分厚い封筒ともどもに、車の後部トランクに押し込み、裏の沼に沈めた。
会社では、月曜になって銀行に4万ドルが入ってないのを知り、私立探偵ミルトン・アボガスト(マーティン・バスサム)にマリオンの足取りを洗わせていた。マリオンの妹ライラ(ヴェラ・マイルズ)は姉がサムの家に行ったと思いサムを尋ねてきた。そこへ探偵のアボガストもやってきて、2人ともサムの家にマリオンがやってきていないことを知った。
アボガストはファーベル町とサムの家の間にモーテルがあることを知り、それを調べに出た。そこでマリオンが確かにモーテルに寄ったということを知った。これから母親と会うという電話がアボガストからサムにかけられてきた。そしてアポガストは消息を絶った。ノーマンは、母の再度の凶行に苦悩する。警察が来たときの用心に、母を地下室に隠す。
アボガストの連絡を待つサムとライラの2人は町のシェリフ・チェンバース(ジョン・マッキンタイア)を訪れ意外なことを聞かされた。ノーマンの母親は10年前に死んでこの世にはいないと。では、マリオンが見た母親、アポガストが電話で伝えた母親は誰なのか。
[ネタバレ反転]
2人はモーテルに馳けつけた。サムがノーマンをフロントに引き寄せておく作戦に、ライラはモーテルから屋敷へと忍び込んだ。サムの意図に気づき、屋敷へかけ戻るノーマン。ライラが地下室で見たものは、女の服を着たミイラだった。その瞬間、後ろから襲いかかった老婆を抑えつけるサム。そこには女性のドレスを着込み、女性のカツラを被り、包丁を振り上げたノーマンの姿があった。
精神科医は言う。母親に依存していたノーマン少年は、母親と恋人を毒殺し、母親を剥製にした。だが、母は口をきかない。そしてノーマンは自分の人格と、作り出した母の人格との行き来を繰り返し、母は息子を守る為に殺人を、息子は母を守るために隠蔽を行っていたのだ。ノーマンが捕まった今、息子の愚痴を繰り返す母だけが残った。





Trailer Long Version

伝説的ヒッチコック・スリラーにして、全てのサイコ・サスペンスのルーツ。その演出スタイルは、バーナード・ハーマンのセンシティブな音楽と共に恐怖感を煽ります。わざとモノクロで作り、当時の観客にはショッキングな殺人シーンや血糊による不快感を避けています。実は、トイレだけでなく、便器内の流す水まで画面に映した初めての映画でもあります。ヒチコックの露悪的な諧謔でしょうか。ある映画では、ヒッチは嫌いな卵料理にタバコを突き立てて消すシーンを入れたりしていますし。映画は、前半が犯罪を犯した女性の不安な逃亡劇、中盤は探偵役の捜査劇、後半はドラキュラ城探索のようなスリラーと、3部構成になっています。アンソニー・パーキンスが演じたヒョロリとして神経質そうなノーマンは、原作小説ではデブの中年親父です。汗かきで、不器用で、人付き合いが下手、その上、マニアックなちょっと変わった趣味の持ち主。「あまり頭が切れるほうじゃなくて、ちょっと変わったところがあって、それだけに妙に憎めないやつ」なんて思われていますが、本棚には、ユイスマンス、サド、ウルペンスキー、アレイスター・クローリーといった神秘学から異常性欲の本なんてのまで並んでいてかなりの読書家、心理学の方面にも十分な知識を蓄えている、なかなかのインテリなのです。外見は違っていても、A・パーキンスの演じたノーマンと印象が変わらないのが不思議です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
216位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。