バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・恐竜の島

『続・恐竜の島』 The People That Time Forgot (1977・英)
配給/AIP
制作/アミカス・プロダクションズ
監督/ケヴィン・コナー
製作総指揮/サミュエル・Z・アーコフ
製作/ジョン・ダーク
原作/エドガー・ライス・バローズ 『時に忘れられた人々』
脚本/パトリック・ティリー
撮影/アラン・ヒューム
美術/ベット・デイヴィー
編集/ジョン・アイルランド、バリー・ピータース
音楽/ジョン・スコット
特殊効果/ジョン・リチャードソン、イアン・ウィングローブ
プロセス撮影/チャールズ・スタッフェル
出演/パトリック・ウェイン、ダグ・マクルーア、サラ・ダグラス、ダナ・ギレスピー、ソーリー・ウォルターズ、シェーン・リマー

巨大なる恐竜・怪鳥の島に失われた人類を見た!襲いかかる幽霊軍団!どくろの蛮族!火山の大爆発!
《ターザン》の原作者エドガー・ライス・バローズが「恐竜の島」に続いて放つ驚異のSFアドベンチャー巨篇!


1917年末、スコットランドの海岸にボウエン・タイラー(ダグ・マクルーア)の書いた手記が流れついた。3年前、輸送船が撃沈され、死んだと思っていた軍需富豪の息子タイラーが生きている! 海軍は早速、救助および探検隊を乗せた機走帆船ポーラ・クイーン号を出港させた。タイラーの友人でパイロットのベン・マクブライド(パトリック・ウェイン)、彼の戦友でベテラン整備士ホーガン(シェーン・リマー)、女性記者シャーロット(サラ・ダグラス)、生物学者ノーフォーク博士(ソーリー・ウォルタース)が乗り組んでいる。
氷山に囲まれた地点で、水陸両用の飛行艇に乗り移った4人。やがてタイラーの手記にある島が近づく。絶壁を超えたとき突然、怪鳥が彼らを襲い、飛行艇は恐竜の島『キャプローナ』に不時着した。
不気味な魔境には恐竜もいる。ホーガンを艇の修理にのこし、ベン達は山の向こうにタイラーをさがしに行く。女性の悲鳴を聞き彼らが駆けつけると、2頭のアロサウルスが原始人の娘を襲っている。恐竜を撃退すると、彼女はガルー族のアジョール(ダナ・ギレスピー)と自らの名を英語でしゃべった。タイラーから習ったのだ。彼女によれば、タイラーはタイラーはガルー族と暮らしていたが、ナーガ族に攫われたとのこと。彼らの意欲はわいた。
襲ってきたナーガ族の1人をさらに捕らえ、尋問したところでは、タイラーはドクロ城に連れていかれたらしい。やがてドクロ城に通じる洞窟を出た一行に、ヨロイ・カブトの軍団が迫り、彼らを捕えた。ナーガ族だ。
[ネタバレ反転]
ベンと博士は地下牢でタイラーと再会した。だが、彼は絶望の果てに廃人寸前だった。タイラーの愛する妻リザは、火山の神ナブラコタへの生け贄として、溶岩の池へ突き落とされていたのだ。
一方、シャーロットとアジョールは生け贄にされようとしていた。牢番のスキをみて、ベン達は脱出。説得されたタイラーも、気力を取り戻した。
彼らはシャーロットらの救出に向かい、ナーガ族の幽霊軍団との凄絶な戦いを繰り広げる。軍団の首領はアジョールの反撃にあい溶岩の池に落ちた。
城を脱出した後、シャーロットとアジョール、博士を先行させ、敵を足止めするためベンとタイラーが待ち伏せをする。激戦ののち、タイラーは矢を胸に受け息を引き取った。火山がこれらを怒るかのように、大噴火をはじめ、島全体に波及していく。ベン達はホーガンの修理した飛行艇で、溶岩に呑まれ始めたこの魔境を脱出するのだった。




『恐竜の島』のヒットを受け、アミカス・プロダクションズが引き続いて製作した続編です。原作はエドガー・ライス・バローズの太古世界シリーズ第二部『時間に忘れられた人々』ですが、第三部の『時の深き淵より』の内容も一部に使用されており、映画は本作をもって完結しました。前半は前作同様、実在した恐竜が出現しますが、後半は日本の武士のような甲冑に身を固めた騎馬軍団が登場するなど、前作と異なった大胆な脚色がなされています。同プロダクションの、製作ジョン・ダーク、監督ケヴィン・コナー、ダグ・マクルーア出演という布陣は、前作および、同じくバローズのSF小説『地底世界ペルシダー』を映画化した『地底王国』(1976年に公開)に引き続いての登板です。特撮は、特殊効果を前作のデレク・メディングスに替わり、『地底王国』を手がけたイアン・ウィングローヴと、後年『エイリアン2』でアカデミー視覚効果賞を受賞するジョン・リチャードソンが、プロセス撮影を前作および『地底王国』に引き続きアカデミー科学技術賞受賞歴のあるチャールズ・スタッフェルが担当しました。なお、タイラーの友人ベン・マクブライドを、ジョン・ウェインの息子であるパトリック・ウェインが演じました。ナーガ族は、原作ではドクロ顔でコウモリの翼を持つ支配種族だったのですが、単なる騎馬戦闘民族になっていて、スケールダウンしたのが残念です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
207位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。