バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーシャンと十一人の仲間

『オーシャンと十一人の仲間』 Ocean's 11 (1960・米)
配給/ワーナー・ブラザース
監督/ルイス・マイルストン
脚本/ハリー・ブラウン、チャールズ・レデラー
原作/ジョージ・クレイトン・ジョンソン、ジャック・G・ラッセル
製作/ルイス・マイルストン
撮影/ウィリアム・H・ダニエルズ
美術/ニコライ・レミソフ、ソウル・バス
音楽/ネルソン・リドル
編集/フィリップ・W・アンダーソン
出演/フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・ジュニア、ピーター・ローフォード、アンジー・ディッキンソン、リチャード・コンテ、シーザー・ロメロ、シャーリー・マクレーン、パトリス・ワイモア、ジョーイ・ビショップ、エイキム・タミロフ、ヘンリー・シルヴァ、イルカ・チェイス、バディ・レスター、リチャード・ベネディクト、ノーマン・フェル、クレム・ハーベイ、ジーン・ウィルス、ジョージ・ラフト、レッド・スケルトン

モダンなタッチで描く楽しいギャング映画
魅力のキャスト! 素晴らしい構想! 迫りくるスリルとサスペンス!


クリスマスの1週間前、暗黒街の大物スプーロス・エースボス(エイキム・タミロフ)はラスベガスでの大仕事を計画していた。彼はダニー・オーシャン(フランク・シナトラ)に、その仕事をまかせた。オーシャンは第二次大戦中には空挺部隊の軍曹で、仕事の仲間に10人の戦友を呼んだ。
音楽家志望のサム・ハーモン(ディーン・マーティン)、元オートレース選手カーリー・ステファンズ(リチャード・ベネディクト)、金持ち息子のジミー・フォスター(ピーター・ローフォード)、電気技術師アンソニー・バーグドーフ(リチャード・コンテ)、元サーカス座員ロジャー・コーニール(ヘンリー・シルヴァ)、元プロ野球選手ジョッシュ・ハワード(サミー・デヴィス・ジュニア)ほかにヴィンセント・マスラー(バディ・レスター)、マッシー・オコナーズ(ジョーイ・ビショップ)、ピーター・レイマー(ノーマン・フェル)、ルイス・ジャクソン(クレム・ハーベイ)で、エースボスの家に終結した。
彼らにはそれぞれ大金の欲しい理由があった。オーシャンは計画を説明した。ラスベガスのサハラ、リビエラ、デザート・イン、サンズ、フラミンゴの5つ賭博場を、大晦日の夜12時きっかりに送電線を倒し停電させたスキに金を奪う。一味の5人はそれぞれの店で働き、他の5人は客になりすまし、ハワードはゴミ運搬車の運転手で、ゴミとともに金を運ぶ受持だった。
彼らはダニーの指揮のもと、軍隊式規律のもとに着々と準備をすすめた。バーグドーフは各賭博場のスイッチに仕掛けをした。大晦日、どこも乱痴気騒ぎで沸いていた。フォスターの母も6番目の夫デューク・サントス(シーザー・ロメロ)とともにきていた。12時、“蛍の光”のメロディとともに場内は真暗になった。つづいて停電、一味は金を奪ってゴミ溜にすてた。
[ネタバレ反転]
ハワードは運搬車で非常線をゆうゆう突破した。ところが、バーグドーフが道路上で急死した。一方、サントスはフォスターが当地にいることを知って何かをかぎつけ、賭博場の経営者たちに金を取りかえしてやるといった。サントスはオーシャンを訪ね、金を半分半分にしようと交渉した。オーシャンは金をバーグドーフの棺に隠し、本拠に運ぼうとした。そこに未亡人が遺体を引取りに来た。何も知らぬ彼女は葬儀屋のすすめで当地で火葬にすることにした。あわてて葬式に参列する11人とサントス……彼らの耳にゴウゴウと火葬場の音が聞こえてきた。



言わずと知れた『オーシャンズ11』の元ネタ。まあ、リメイク版で使われているのは「11人」という所と「カジノ襲撃」というプロットだけの、ほぼ別ものなんですが。オリジナルのこちらはラスベガスを舞台に、第二次大戦生き残りの戦友たちがくりひろげるコメディ・タッチのギャング映画です。シナトラ一家が総出演して、皆の息の合った演技がとても自然で男臭いゴキゲンな雰囲気ですね。フランク・シナトラは当時、ザ・サンズ・ホテルとの長期契約があり、ラスベガスの外へ出ることが出来なかったそうです。そのためロケ地をべガスにしてこの問題を解決し、昼は映画の撮影をして、夜はラットパックと呼ばれる一家のメンバーたちとステージに立つ。インタビューでアンジー・ディキッソンも言ってたけど、「いつ寝てたの?」状態だったようです。ショウがはけてからも遊んでたらしいし、なんとタフな……。でも、その「遊んでいる状態」が映画にもいい影響を与えたらしく、出演者のセリフは仲間ならではのアドリブが飛び交い、それをそのまま使ってるところもあります。ラストシーンで映ってるザ・サンズ・ホテルの看板はその時のものですね。
ただ、現在の目で見ると時代の変遷により、テンポが遅かったりラットパックが分からなくてノレない場合もあるかと。この映画はオールディーズやジャズのファンで、「シナトラ一家」をよく知っていて彼らのパフォーマンスが好きな人が楽しめる、大人のお祭り映画なんですね。彼らの一挙手一投足こそが、この映画の一番の「売り」なんです。ある意味、大人の「アイドル映画」ですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
207位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。