バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『悪魔の植物人間』 The Mutations (1973・英)
配給/コロムビア映画
監督/ジャック・カーディフ
脚本/ロバート・D・ワインバッハ、エドワード・マン
製作総指揮/J・ロナルド・ゲッティ
製作/ロバート・D・ワインバッハ
撮影/ポール・ビーソン
美術/ハーバート・スミス
音楽/ベイジル・カーチン
編集/ジョン・トランパー
出演/ドナルド・プレザンス、トム・ベイカー、ブラッド・ハリス、ジュリー・エーゲ、マイケル・ダン、スコット・アントニー、ジル・ハワース、オルガ・アンソニー、リサ・コリングス、ジョーン・スコット、トビー・レノン、ジョン・ウィルフォード、エンヤ・ダン、トニー・メイン、モリー・ツィドリー、キャシー・キッチン、フラン・フッレンワイダー、レスリー・ローズ、フェイ・ブラ、ボブ・ブラ、O.T.、マッジ・ガーネット、ウィリー・イングラム、ヒュー・ベイリー、フェリックス・ドゥアルテ

悪魔が造った植物人間! 
美女が、青年が、次々に教われ身の毛もよだつ地獄の怪物に変わる!


「人間が光合成できるようになれば食料問題は解決そして世界から飢えと貧困と争いが無くなるはず!」戦争や争いごとを無くすという崇高な目的のもとに、ノルター教授(ドナルド・プレザンス)は、科学が人と植物をへだてているのもを取り去り、新しい生命体を創造することが出来るという信念にとり憑かれていた。
その教授の信念は、彼の講義を受けている4人の学生トニー(スコット・アントニー)、ローレン(ジル・ハワース)、ブリジェット、ヘディ(ジュリー・エーゲ)などの興味をひいた。またヘディの恋人でアメリカの科学者ブライアン(ブラッド・ハリス)も、ノルターの学説に興味を示した。
ノルターには、リンチ(トム・ベイカー)という助手がいた。リンチは先天的な腺病におかされていて、その容貌は醜怪だった。彼は教授の助手の他にも、こびとのバーンズと共にカーニバルで見せ物小屋を経営していた。リンチは、ノルター教授の実験が成功すれば自分の醜い姿もなおると思い、そのため教授の実験に必要な人間を探してくることを進んでひきうけた。
彼らの最初の餌食にされたのは女子学生のブリジェットだった。だが教授の手術は失敗し、もの凄い怪物が生まれた。彼女の変異体は“チベットのトカゲ女”としてリンチの見せ物小屋にで見せ物にされてしまった。次にトニーが狙われたがこの実験も失敗し、彼は“ビーナスのハエ取り草”という怪物にされた。トニーは醜い姿で、命からがら逃げ出した。
一方、博士の言いなりになり悪事を働くリンチをカーニバル一座の仲間は温かく迎えようとするが、「俺はお前達化け物とは違う!」とそれを拒否。夜の街へ出てそこで娼婦に金を払った彼は、「なにもしなくていいから、愛してると言って欲しい」そう悲しそうに彼女に呟く。醜い姿のため親にさえ愛されたことがないリンチは、容姿さえ変われば人に愛されるのではないかと信じ、そのためならどんな悪事も厭わなかったのだ。
実験室から逃げ出したトニーは、ローレンのところへ行った。ローレンは意外な事実に仰天し、ヘディに電話した。そのヘディもメモを残したままリンチに捕えられてしまった。彼女のメモを発見したのは、ブライアンだった。彼は教授の屋敷に潜入したが、リンチに捕えられ殺されそうになったところを見せ物小屋の奇形人間たちに救われ、リンチは逆に彼らに殺されてしまう。
[ネタバレ反転]
その頃、教授はヘディに最後の実験を試みようとしていた。だがその場に怪物と化したトニーが飛び込んできてあたかも“ハエ取り草”そのままに教授を捲き込んでしまう。暴れる博士が倒した薬品が発火する。実験室が炎に包まれるなか、トニーは教授をはき出したが、教授は血肉を吸い取られミイラのようになっていた。火災はふたりを呑み込んだ。そこへやっとたどり着いたブライアンが、ヘディを救い出した。
研究所から無事逃げ出し、車の中で抱き合う二人。ブライアンの背中に回したへディの腕が、徐々に植物へと変化してゆくのだった。




現代科学の進歩をベースに、学生を実験台にして植物と人間の合体を試みる教授の狂気を描いたホラー映画。マッド・サイエンティスト物の定石を踏んだ演出で、実験に失敗し醜悪な怪物と化した犠牲者を見せ物小屋に売るなど、非倫理的な悪行が凄まじいです。幼少時にTV放映で断片的に見て、軽くトラウマになりかけた作品です。とにかくモンスター造形の手作り感やら、ザラついた質感の画面から漂うチープな雰囲気やら、背徳感と露悪趣味全開で薄気味と後味が悪いったらありゃしない。そんな中で救いなのは、見世物小屋の住人である、実際のショーの一員の障害のある方々。ごく普通に食べて飲んで笑っての生活、そこには見せ物としての生活(それしかない)も普段の日常のひとつという前向きな姿が描かれていること。そんなこんなを含めて、観る者を選ぶカルトな作品です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
216位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。