バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『謎の円盤UFO』 UFO (1970・英)全26話
製作総指揮、監督/ジェリー・アンダーソン
脚本、衣装デザイン/シルヴィア・アンダーソン
特撮監督、メカデザイン/デレク・メディングス
音楽/バリー・グレイ
出演/エド・ビショップ、ジョージ・シーウェル、マイケル・ビリントン、ガブリエル・ドレイク、ワンダ・ベンサム、グラント・テイラー、ヴラディク・シェイバル、ノーマ・ロナルド、ピーター・ゴーディノ、ゲーリー・メイヤーズ、ドロレス・マンテス、ハリー・ベアード、キース・アレキサンダー、アントニア・エリス、アイーシャ

1980年、既に人類は「地球防衛組織シャドー」を結成していた。シャドーの本部は、イギリスのとある映画会社の地下深く秘密裏に作られ、沈着冷静なストレイカー最高司令官のもと、日夜「謎の円盤UFO』に敢然と挑戦していた。「シド」──コンピューター衛星。このシドがUFO侵入をキャッチすると、直ちにシャドー全ステーションに急報。「スカイダイバー」──それはシャドーの海底部隊。世界で最も進んだ潜水艦である。その前部にはスカイ1と呼ばれるジェット機が装備され、海上を超スピードで進み敵を撃破する。人間の最高頭脳を結集して作られたシャドーのメカニック。「ムーンベース」は月面基地。ここには「ミサイル要撃機インターセプター」が非常事態に備えている。UFO撃退の準備はできた!(オープニング・ナレーションより)

地球は、謎の円盤UFOによる秘かな侵略により、深刻な脅威にさらされていた。彼らが秘かに襲撃した後には人が消え、バラバラ死体が残されることもあった。だが、謎の未確認飛行物体は、はたしてどこから現れ、何の目的でやってくるのかまったくわからなかった。この脅威に対抗するため、1980年、人類は地球防衛組織SHADO(シャドー:Supreme Headquarters Alien Defense Organization)を結成、行動を開始した。もし、UFOによる地球侵略が公になると、世界は大パニックに見舞われる。侵略の事実と防衛戦、SHADOの存在は極秘とされた。秘密を守るためには、命の代価が必要となるのだ。
SHADO本部は、様々な機材や新兵器の搬入を映画のセットと偽るため、イギリスの映画撮影所の地下深く秘密裏に築かれ、日夜、謎の円盤UFOの侵入を監視、事あらば地球防衛のために敢然と挑戦していた。
月面基地ムーンベースでは、ゲイ・エリス中尉(ガブリエル・ドレイク)が中心となって人工衛星シドからの情報をキャッチ、本部へ連絡する。この秘密機関の最高司令官はエド・ストレイカー(エド・ビショップ)。沈着冷静で、任務遂行のためには部下の命を危険にさらすこともいとわない鉄の精神力を持つ男。だが、それは任務の重大さが彼に強いたものだ。人情家の心を底深く沈め、非情な決断を貫く信頼あふれる最高司令官だ。
ストレイカーの脇を固める人情家のフリーマン大佐(ジョージ・シーウェル)や熱血漢のフォスター大佐(マイケル・ビリントン)ら、各セクションのプロフェッショナルが、スーパー・メカニックを駆使して活躍を繰り広げるのだ。




謎の円盤UFO 日本版解説編

『サンダーバード』『キャプテン・スカーレット』などの「スーパーマリオネーション」シリーズを製作しつづけてきたジェリー・アンダーソンが、人間の俳優を起用して創り上げたSFTVシリーズ。ミサイルを機首に装備した一撃必殺の迎撃機インターセプターや、船体前部が超音速ジェット機スカイ1として分離できる万能潜水艦スカイダイバーといった、メカデザインの秀逸さやバラエティにおいてはサンダーバードに勝るとも劣らないクオリティを誇っています。宇宙人による侵略の事実や対抗するSHADOの存在とその活動内容については、全世界レベルでの機密事項とされ、これを維持するための方策として上記のSHADO本部のカムフラージュをはじめ、記憶を消去する薬など多数の隠蔽工作が施されていて、SHADOの機密保持を軸にストーリーが展開することも多い。また、ストレイカーやエリス中尉ら登場人物たちの未来感あふれるファッションも今なおまったく色あせていない機能美が印象的です。部下を死地に向かわせる作戦や、見殺しともとれる命令など、アンダーソン作品の中でも屈指の非情でシビアなストーリー展開に俳優陣の好演、さらに本編に完全に溶け込んでいる特撮シーンと、まさに名作の名にふさわしいドラマです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
幼少時、かすかに見た記憶はあるんですが、ホントか定かではなく、きちんと見たのは中学頃、再放送でしたか。

一番心に残ってたエピソードは『フォスター大佐死刑』ですね。あの理不尽で非情な、作品世界を代表するようなエピは、トラウマものです。
これ小学生のころ見てましたから、宇宙人の顔が緑色だったのがグロかったです。
しかしガブリエル・ドレイクがお人形さんみたいに綺麗だしバリー・グレイの音楽が日本版ではサンダーバードのテーマ曲を流用してましたが、かっこいいし、当時わくわくしましたね。
あと思い出すのは…小森のおばちゃまのコーナーかな(笑
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
216位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。