バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『天国の門』 Heaven's Gate (1980・米)
配給/ユナイテッド・アーティスツ
監督/マイケル・チミノ
脚本/マイケル・チミノ
製作/ジョアン・ケアリ
製作総指揮/デニス・オディール、チャールズ・オークン、ウィリアム・H・レイノルズ
音楽/デヴィッド・マンスフィールド
撮影/ヴィルモス・ジグモンド
編集/リサ・フラックマン、ジェラルド・B・グリーンバーグ、ウィリアム・H・レイノルズ、トム・ロルフ
出演/クリス・クリストファーソン、クリストファー・ウォーケン、ジョン・ハート、イザベル・ユペール、ジェフ・ブリッジス、サム・ウォーターストン、ブラッド・ドゥーリフ、ジョセフ・コットン、ジェフリー・ルイス、リチャード・メイサー、テリー・オクィン、ミッキー・ローク、ウィレム・デフォー、ジョン・コンレイ、ポール・コスロ、トム・ヌーナン、ロニー・ホーキンス、キャロライン・カヴァ、マディ・カプラン、アンナ・レヴィン、ロビン・バートレット、ロージー・ヴェラ

アメリカ映画史を揺り動かしたマイケル・チミノ監督が描く衝撃の問題作。

1870年、東部の名門ハーバード大学の卒業式。総長の祝辞を熱い視線でみつめる生徒たちの中にジェームズ・エイブリル(クリス・クリストファーソン)とビル・アーバイン(ジョン・ハート)の顔があった。それから20年、アメリカは混乱期を迎えており、ワイオミングにも、東ヨーロッパからの移民たちが押し寄せ、すでに生活を築いていたアングロ・サクソン系の人々とのトラブルは避けられなかった。
ある日、家畜業者協会の評議会が召集され、リーダーのフランク・カントン(サム・ウォーターストン)は、移民による牛泥棒の対策として武力による移民粛清の議案を提出した。なんとその人数は125名。その会議にはアーバインも列席していたが、彼はかつての情熱を失い、今は酒びたりの堕落した生活を送っていた。この土地に保安官としてやってきたエイブリルは、再会したアーバインから、粛清の計画を聞き、なんとか阻止しようと、移民の集まる酒場の主人ジョン・L・ブリッジス(ジェフ・ブリッジス)に協力を求めた。そしてエイブリルは、想いを寄せる娼館ホッグ・ランチの女主人エラ・ワトソン(イザベル・ユペール)のもとへ行く。
彼女を愛しているもう1人の男ネイト・チャンピオン(クリストファー・ウォーケン)は、牧場主に雇われた殺し屋だ。エイブリルとチャンピオンの愛の間でゆれ動くエラ。ジョンンン郡に移民1人殺し値50ドルで雇われた庸兵たちが向かっている頃、移民たちの憩いの場のローラー・スケート場天国の門では、集まった人々に、エイブリルが例の粛清の件を告げリストを読み上げた。
むごい仕打ちにおののく人々。一方、チャンピオンから求婚されたエラは、彼の家族に紹介され、その誠意に心うごかされるが、その日、ホッグ・ランチに戻ったエラはレイプされ、店の女たちは全員惨殺された。カントンの傭兵による仕業だった。集会所「天国の門」では、移民たちの集会が再び開かれ、人々はそこで団結の絆を固める。その頃、チャンピオンの家が傭兵に襲われ「エラを頼む」という手紙を残して、彼は死んでゆく。
[ネタバレ反転]
遂に戦いは開始された。予期せぬ移民たちの逆襲で庸兵たちは倒れてゆく。かけつけた州兵騎馬隊たちによって平定された時は、あたりは死体の山と化していた。新しい出発を誓い合うエイブリルとエラ。しかし、喜びに満ちたエラが、生き残っていたカントン一味に惨殺されるという悲劇が突然襲う。
数十年後、今はヨットの上で安定した生活を送っている年老いたエイブリル。しかし、ヨットの上で彼が想うことは若き闘志に燃えた頃の自分、それにネイト、エラのことだった。




西部開拓史上にその悪名を残すワイオミング州の「ジョンソン郡戦争」をテーマに、ロシア・東欧系移民の悲劇、極限状況に置かれた人々の愛と友情、哀しみを描く作品。マイケル・チミノ監督の意欲作であり、公開当時その巨額の製作費で様々な物議を醸した問題作でもあります。
当初の制作費は1100万ドル(約20億円)でしたが、完成していた大通りのセットが「馬が通れないから」との理由で改築させたり、ほんの一部しか映らない機関車のシーンのために、当時の実際の機関車を線路を引いて走らせたり、更にはエキストラを大幅に増やしたり、撮影では撮り直しを繰り返すなどのため制作費を大幅にオーバーし、予算は4400万ドル(約80億円)にまで膨れ上がりました。その上、アメリカ人の神経を逆撫でするようなテーマに対するマスコミの酷評などが祟り、映画は全くヒットせず1週間で興行を打ち切られ、莫大な赤字を出しました。制作会社ユナイテッド・アーティスツは倒産においこまれ、監督のマイケル・チミノはしばらく干されました。
それでも、絵画のように美しい画面や美術、壮大な物語構成、実力派俳優たちの真摯な演技など素晴らしいところも多くて、たまに見たくなる作品です。ただし、見るには体力と精神力がいります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
260位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。