バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『スペース・カウボーイ』 Space Cowboys (2000・米)
監督/クリント・イーストウッド
脚本/ケン・カウフマン、ハワード・クラウスナー
製作/クリント・イーストウッド、アンドリュー・ラザー
製作総指揮/トム・ルーカー
音楽/レニー・ニーハウス
主題歌/フランク・シナトラ『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』
撮影/ジャック・N・グリーン
編集/ジョエル・コックス
出演/クリント・イーストウッド、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナー

クリント・イーストウッド製作・監督・主演。4大俳優共演で贈るスペース・アドベンチャー!

1958年、アメリカ空軍のX−15テストパイロットチーム『ダイダロス』。メンバーはフランク・コーヴィン(クリント・イーストウッド)、ホーク・ホーキンズ(トミー・リー・ジョーンズ)、ジェリー・オニール(ドナルド・サザーランド)、タンク・サリバン(ジェームズ・ガーナー)の4人。彼らは、米国初の宇宙飛行士になるはずだった。しかし、直前になってアメリカ政府はダイダロス計画を中止。新設されたNASAが選んだのはチンパンジーだった(※マーキュリー計画)。彼らは宇宙へ行く夢を諦め、技術者として勤務し、やがて退役した。
計画中止から40年余、妻と共に郊外の一軒家でのんびりと暮らしていたフランクを、NASAが突然呼びよせる。衛星軌道上で旧ソ連によって作られ、ソ連崩壊後のロシアで引き続いて使われている通信衛星『アイコン』が故障。ロシアと協力して修理を行うことになったNASAが調査したところかつてアメリカが作った宇宙ステーション『スカイラブ』と同じシステムが使われていたことが判明。しかし、システム自体が古いため設計に関わった者の多くが既に死亡している中、修理できるのは数少ない生き残りであるフランクだけだったのだ。なぜ自分の設計が旧ソ連の通信衛星に使われていたのか。NASAへの疑いとかつての屈辱は膨らみ、今もNASAに留まって出世コースを歩んでいたかつての上官・ガーソンをけしかけチーム・ダイダロスの宇宙行きを約束させる。
現在は曲芸パイロットのホーク、ジェットコースター技師のジェリー、牧師のタンクと、かつての仲間達が集まった。老人飛行士と笑われながら、彼らは過酷な訓練を乗り越えてゆく。その中でホークが末期ガンであることが判明するが、フランクは彼を外すことはしなかった。そして遂に、チーム・ダイダロスは遂に宇宙へと飛び立つ。
だが、任務を開始した彼らが目の当たりにしたアイコンは[通信衛星]どころか、核ミサイル6発を搭載した自衛能力付きの【ミサイル衛星】だった。さらには事故により衛星の一部がシャトルに崩落、シャトルも傷つき、アイコンも徐々に落下を始める。このままでは核弾頭が地球に激突してしまう。
[ネタバレ反転]
核弾頭を投棄しようにも、ロケットの制御装置が壊れていて、遠隔操作が効かない。そんな緊急事態の中、ホークが「自分は癌にかかっていて余命あと僅か。だから、自分が核弾頭を積んだロケットと共に、地球と逆方向に飛んでいく」と言い出した。ショックを受ける仲間たちだが、それしか道はなかった。かつて超音速試験飛行のライバルだったフランクは、そんな相棒のホークをこんな形で失いたくはない。しかし、冷静に事態を見つめ、ホークの申し出に甘んじるのだった。ホークは宇宙服のヘルメットごしに笑顔を見せて、核弾頭ロケットに身体を括り付けて月の方向に飛んでいく。見送るチーム『ダイダロス』の仲間たち。
一方、地球へ帰還するシャトルも満身創痍のため、フランクは大気圏突入後、飛行が安定したあと皆にパラシュートで脱出するよう命令する。だが、皆それを無視した。ぎりぎりの機体、突如起こる突風、それらを乗り越え、シャトルは地上に帰還した。
ある夜、妻と歩くフランクは月を見上げた。「ホークは月へ行けたかしら」「きっと行けたさ……」
月面には墜落したロケットが横たわっていた。地表には引きずった跡。岩場には地球を向いて満足そうに横たわる、ひとつの宇宙服があった。




クリント・イーストウッド監督/製作/主演のSF映画。宇宙への夢を果たせなかった老宇宙飛行士たちの、再挑戦を描くドラマです。イーストウッド作品の特色は、師匠ドン・シーゲルの影響と、ハワード・ホークスへの傾倒が挙げられますが、本作は濃厚にホークスを意識した作風となっています。テーマで言うならプロフェッショナリズム、チームプレイ、ハンデの克服ですね。前半の頑張るおじいちゃんたちの姿が、ホークスの『リオ・ブラボー』の毒舌じいちゃんに重なります。後半はプロフェッショナルの技で、おたつく若手は引っ込んでな、とばかりの活躍にワクワク。カラリと笑ってホロリとする痛快な作品となっています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
235位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。