バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クルーゾー警部
クルーゾー警部 [VHS]

『クルーゾー警部』 Inspector Clouseau (1968・米)
監督/バッド・ヨーキン
製作/ルイス・J・ラックミル
原案/ブレイク・エドワーズ、モーリス・リッチリン
脚本/トム・ウォルドマン、フランク・ウォルドマン
撮影/アーサー・イベットソン
音楽/ケン・ソーン
出演/アラン・アーキン、フランク・フィンレイ、デリア・ボッカルド、パトリック・カーギル、ベリル・リード、バリー・フォスター

いつもドジで間抜けなクルーゾー警部がまたしても、銀行強奪事件を捜査する事に。
海を渡ったイギリスでドタバタ・ズッコケ大活躍!


雨の空港に到着したクルーゾー警部(アラン・アーキン)は機内で靴を脱いだまま降り立ってしまい、ひと騒ぎ。スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)が連続する列車強盗事件解決のために彼を招き、ウィーバー(フランク・フィンレイ)とショックリーが出迎えるが、クルーゾーはあくまで観光客のふりをすると主張。税関で所持している銃と手榴弾が見つかって連行されてしまう。
クルーゾーを呼んだのは首相の要望だった。警察は列車強盗一味のうち12人を逮捕していた。総監は署内にスパイがいる可能性があるので誰も信じるなという。クルーゾーは逮捕された犯人の一人アディソン・スティール(バリー・フォスター)に面会する。スティールは「ジョニー・レインボウに会え」と言う。その直後、スティールはクルーゾーに麻酔薬をかがせ、ダスターシュートから脱獄してしまう。
クルーゾーは発炎筒、レーザー光線ライター、シガレットケース型受信機、ベルトのバックルに仕込んだミニ・ミサイルなどの支給を受ける。ウィーバーに夕食に招かれたクルーゾーは、助手をする美人の刑事リサ・モレル(デリア・ボッカルド)を紹介される。ウィーバー夫人はスコットランド祭りがあるといってクルーゾーたちを無理矢理連れ出す。
会場にはクルーゾーを狙うフレンチーの姿もあった。クルーゾーがラッキー賞に当たって喜んだはずみにミニ・ミサイルが暴発、銃を構えたフレンチーを倒す。ウィーバーは検死、リサは急用で出てしまい夫人と二人きりになったクルーゾー。色目を使って迫ってくる夫人にクルーゾーが退散しようとすると夫人は足にしがみつく。幸い総監から迎えが来たのでおばさんの魔手を逃れることができた。クルーゾーは総監の葉巻に火を点けようとして発炎筒をたいてしまい、総監が大切にしていたウィスキーで消す。総監は激怒するが、クルーゾーはどこ吹く風。口笛を吹きながら去っていく。
夜、ドライブしていたクルーゾーは車が故障して困っていた女性をひろう。女は伯父が経営するという旅館に彼を誘い、黒い下着姿で誘惑する。すっかりその気になったクルーゾーは写真を撮られまくる。よそ見した間に女が入れ変っても気にせずいちゃつく。睡眠薬で眠らされて顔型まで取られてしまった。
次の任務はフレンチー葬儀の張り込み。受信機が壊れて大きな音を出してしまい、クルーゾーは敵の仲間に見つかってしまう。追われたクルーゾーをリサがに救出。彼女の正体は国際警察の警部補だったのだ。
クルーゾーとリサは敵の隠れ家を盗聴。そこにはスティールもいる。だが、クルーゾーに聞こえているのはテレビの西部劇のセリフだった。隠れ家にクルーゾー警部が入ってくる。色めき立つ悪党ども。だが、それはゴムマスクをかぶった刑務所長の息子。彼こそがボスであるジョニー・レインボウなのであった。ジョニーはスイスの大銀行13行を同時に襲う計画をたてていた。全員にマスクをつけさせ、クルーゾーに罪をきせようというのだ。
ウィーバーは組織の手下二人をクルーゾーの銃で射殺。ポケットにチューリッヒ行きの切符を入れる。これはクルーゾーをチューリッヒに行かせるための罠。ウィーバーも組織の一員だった。ウィーバーはクルーゾーを列車から突き落とし、ゴムマスクをかぶって入れ替わった。ニセクルーゾーは強盗から守るためとだまして各銀行の金を装甲車に積み込ませたうえ、別のトラックに積み替えてしまう。そのころ一味は札束を工場に持ち込みチョコレートの包装をしていた。盗んだ金をスイスチョコレートとして海外に持ち出そうというのだ。
[ネタバレ反転]
ようやく到着したクルーゾーは、容疑者として逮捕された。買収されて一味に協力したチョコレート工場の守衛が金をネコババしたことから捕まり、ウィーバーの正体もばれてしまう。ゴムマスクをかぶったウィーバーと本物のクルーザーが対決。ウィーバーは守衛にブロンズ像で殴られて死ぬ。クルーゾーが札束がチョコに偽装されたことを公表したため世界中でチョコの奪い合いが発生。
スティールを見つけたクルーゾーは車で追跡。スティールの車は水陸両用。追って海に入ったクルーゾーの車は沈んでしまう。浮かんだところをクルーゾーは敵に捕まった。彼がジョニー一味の船に連れ込まれると、リサも捕らえられていた。クルーゾーはライターのレーザー光線で船底に穴を開けてしまう。沈み行く船から、ジョニーやスティールは水陸両用車で脱出。海面を漂うクルーゾーとリサは警察の船に救出された。犯人逮捕にはいたらなかったが、見事、事件を解決。リサと再会を約束してクルーゾーはフランス行きの旅客機に乗り込む。なんと隣りにはウィーバー夫人が座っていた。またしても迫られたクルーゾーはパラシュートで脱出するのだった。




「ピンクの豹」のクルーゾー警部が活躍するミステリ・コメディ。ピーター・セラーズに換わり、アラン・アーキンがクルーゾー警部を演じています。トボけた味は出してはいるものの、コメディ俳優ではないアラン・アーキンでは印象が弱い感じです。演技派の実力でソツなくこなしているけど、セラーズのテンションは再現不能ということか、無表情でオバカをやったりと、ちょっとクールでスカしたクルーゾーですね。とはいえ充分に笑えてミステリ・タッチ、巧みなサスペンスの盛り上げで満足できる作品です。

※VTR廃盤/未DVD化
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
235位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。