バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『ロング・グッドバイ』 The Long Goodbye (1973・米)
監督/ロバート・アルトマン
脚本/リー・ブラケット
原作/レイモンド・チャンドラー
製作総指揮/エリオット・カストナー
製作/ジェリー・ビック
撮影/ヴィルモス・ジグモンド
音楽/ジョン・ウィリアムス
編集/ルー・ロンバード
出演/エリオット・グールド、ニーナ・ヴァン・パラント、スターリング・ヘイドン、マーク・ライデル、ヘンリー・ギブソン、デイヴィッド・アーキン

鬼才ロバート・アルトマンがレイモンド・チャンドラーの世界に挑んだ異色ハードボイルド!

靴をはいたままベッドでうたた寝をしていた私立探偵フィリップ・マーロウ(エリオット・グールド)は、腹をすかせた猫に起こされてしまった。真夜中の3時、あいにくペットフードを切らせていたマーロウはオールナイトのスーパー・マーケットに買い物に出た。だが、せっかく買ってきたペットフードも口にあわないのか、猫は外に出て入ってしまった。
猫と入れ代わりに友人のテリー・レノックス(デイヴィッド・アーキン)が入ってきた。夫婦喧嘩の末、家を飛び出し、頭を冷やしにメキシコに行くという彼のためにマーロウは、メキシコ国境の町まで車で出かけた。
翌朝、猫を探しながら帰ってきたマーロウを待っていたのは、テリーの妻の殺人事件だった。テリーを匿っていると疑われたマーロウは警察にしょっぴかれたが、テリーがメキシコのある町で自殺したため、すぐ釈放された。マーロウはテリーが犯人とは信じず、きな臭いものを感じた。
翌日、マーロウの元に高名な作家ロジャー・ウエイド(スターリング・ヘイドン)の妻アイリーン(ニーナ・ヴァン・パラント)から、行方不明の夫を捜してほしいと依頼があった。早速ウエイド家を訪ねたマーロウは、夫人から「助けて下さい。ドクターV」というメモを見せられ調査に乗り出した。そして“ドクターV”が神経科のバリンジャー博士(ヘンリー・ギブソン)であることを突き止めた。作家として自信を失ったウエイドは、バリンジャーの病院で酒びたりの毎日を送っていたのだ。
アパートに帰ったマーロウは、いきなり大勢のやくざに取り囲まれた。彼らはテリーの持ち逃げした大金をマーロウが隠していると信じているのだ。彼が一味の車を尾行すると、車はウエイド家に入っていった。
事件の複雑な展開に行き詰まりを感じたマーロウは、鍵であるテリーが自殺したメキシコの田舎町オタトクランを訪れたが、何も握めなかった。
再度ウエイド家を訪れたとき、ウエイドは隣人を集めてパーティを開いていた。そして、診察料のことでバリンジャーとトラブルを起こしたウエイドはその夜、酔って海へと歩いて行き波間に消えた。
35万ドルの行方を追っているやくざのマーティ(マーク・ライデル)は、疲れきって帰ってきたマーロウを捕らえ、拷問をしてもその行方を聞き出そうとしていた。そのとき、マーティに謎の電話がかかり、金のありかを告げた。マーティから解放されて道路に出たマーロウの前を、ウエイド夫人の乗った車が走り抜けた。追跡しようとしたとき車にはねられた彼は、病院にかつぎこまれたが、幸いけがはたいしたことなく、その足でウエイド家に行ってみるが、すでに引っ越した後だった。
[ネタバレ反転]
ウエイド夫人の暗躍にテリーの存在を感じたマーロウは、再度メキシコに飛び、検死官に5千ドルの賄賂を握らせた。やはり偽装自殺だった。彼はウエイド夫人を自分の女にして、その莫大な作家の遺産を手中に収め、のうのうと暮らしていたのである。
男の友情に裏切られたマーロウに、テリーは言った。「お前はバカだ。いつも何かを損しているよ」。ピストルを握ったマーロウは、「そうだ、猫も失ってしまったよ」と答えると引き金を引いた。
並木道で、ジープに乗ったウエイド夫人とすれ違ったが無言のままだった。オモチャのハーモニカを吹いて、マーロウはおどけながら歩いていった。




ロサンゼルスのネオンの中を事件を求めて、一抹の感傷を抱いてさまよう私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とするレイモンド・チャンドラーの小説を、鬼才ロバート・アルトマン監督が作品のエキスだけを巧みに70年代に移植して映画化した作品です。一般的にはハードボイルドの私立探偵というと、トレンチコートを颯爽と着こなし、悪漢どもとも拳でやり合い、うるさい刑事には減らず口を返す、といったイメージですが、この映画のマーロウは違います。夏のロサンゼルスの太陽の下、よれよれの紺のスーツにだらしなく緩めた赤のネクタイというおよそセンスのない服装。そして犬にはワンワンほえられ、両手を挙げて降参している男。長い足でがに股気味でひょこひょこ歩く姿は、お世辞にも頼りにならなさそう。しかし、実際に“ヘボ探偵”かというとそうでもありません。老作家が病院に監禁されていたのをすぐに見つけ、居留守を使うインチキ医師や看護婦にへらへらとやり返す。ヤクザのマーティの手下を殴ったりしないが、これまたいつもの減らず口で煙にまく。全編にユーモアが漂い、ダサくてカッコワルイその姿が、逆に格好良いのです。マーロウ物としてはロバート・ミッチャムの『さらば愛しき女よ』と甲乙つけ難い出来栄えの傑作。無名時代のアーノルド・シュワルツェネッガーがチンピラ役で出演しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
260位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。