バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『ナバロンの要塞』
The Guns of Navarone (1961・米)
監督/J・リー・トンプソン
脚本/カール・フォアマン
製作/カール・フォアマン
音楽/ディミトリ・ティオムキン
撮影/オズワルド・モリス
編集/アラン・オスビストン
出演/グレゴリー・ペック、デヴィッド・ニーヴン、アンソニー・クイン、スタンリー・ベイカー、アンソニー・クェイル、イレーネ・パパス、ジア・スカラ、ジェームズ・ダーレン、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、リチャード・ハリス、ブライアン・フォーブス、アラン・キュースバートソン、パーシー・ハーバート、ジョージ・マイケル、ウォルター・ゴテル、アルバート・リーヴェン、ノーマン・ウーランド

ナバロン島の要塞の攻略を命じられた6人の精鋭たち
連合軍の運命は、彼らの力量と勇気にかかっていた……


第二次大戦下の1943年。エーゲ海は独軍の制圧下にあり、ケロス島の英軍2000名の生命は風前の灯火だった。英軍救出の試みは度々なされたが、水路を射程に収めたナバロン島の断崖の洞窟に据えられた独軍の2門の大砲のため失敗した。そこでジェンセン代将の幕僚フランクリン少佐(アンソニー・クェイル)は1つの提言をした。ナバロン島南部に聳える400フィートの絶壁をよじのぼり、警戒厳重な島に潜入するというのだ。
潜入チーム編成のため、特殊技能のスペシャリストがエジプト基地に集められた。登山家のキース・マロリイ大尉(グレゴリー・ペック)、元ギリシャ軍大佐スタヴロウ(アンソニー・クイン)、爆薬の専門家のミラー伍長(デヴィッド・ニヴン)、ナイフの名人ブラウン無線兵(スタンリー・ベイカー)、ナバロン島生まれの若いギャングであるパパディモス1等兵(ジェームズ・ダーレン)、そして彼らをを率いるフランクリン少佐。チームは漁船に乗り漁師に扮装、ナバロン島に向った。
途中、海軍基地のスパイの通報によるEボートの襲撃を撃退する。夜になり島に着いた一行は、嵐をついて絶壁を登坂する。事故で少佐が両脚を折ったが、一行は絶壁をよじのぼり島に上陸した。これを察知した独軍の追求を逃れ、一行は要塞めざして潜行する。少佐の容態は、危険な状態になっていった。山頂の古城で一行は男装の2人の女を捕まえる。1人はマリア(イレーネ・パパス)といい、パパディモスの姉だった。もう1人の若い女はアンナ(ジア・スカラ)。2人ともレジスタンス運動に従っていたのだが、アンナは1度、独軍に捕まり拷問され口がきけなくなっていた。
一行は彼女たちを加え山を降りるが、急降下爆撃機の襲撃を受ける。やっとのことで逃れるが、フランクリン少佐を医者に見せるためマンドラコスの町に入る。しかしそこで独軍の待ち伏せにあい、全員捕まった。スキを見てゲシュタポの隊長を捕らえ、これを囮りに独軍の制服を着込み脱出した。しかし重傷のフランクリン少佐は、そこへ残された。マロリイは彼に「作戦は失敗。上陸部隊が要塞を攻撃する」という嘘の情報を囁く。
いよいよ要塞攻撃の日、一行は要塞の間近かに迫った。要塞破壊と同時に、ケロス島の英軍救出に向かう英国艦隊が、要塞の沖を通ることになっている。猶予は許されない。
だが、いざ出発というとき、爆弾のヒューズが何者かの手で破壊されていることを発見した。スパイがいる。それは意外にもアンナだった。少佐に代わり任務を遂行していたマロリイが彼女を銃殺しようとした瞬間、マリアが処刑した。
[ネタバレ反転]
一方、残されたフランクリン少佐は薬物を使った尋問で自白、独軍はあわてて海岸線の防備を固めた。要塞攻撃の手はずが整い、スタグロウとパパディモスが要塞近くの町で陽動を仕掛ける。その隙にマロリイとミラーが内部に潜入、大砲に爆薬をしかける。そしてアンナとブラウンがモーターボートを奪って、断崖の下で逃げてくる4人を助けるというのだ。パパディモスは揺動作戦の最中に、ブラウンはボートを奪う際に敵と相打ちで戦死した。マロリイとミラーが要塞から脱出し、マリアのボートに拾われる。スタブロウは海に飛び込んだところをマロリイが拾い上げた。駆逐艦が近づいたとき2門の大砲は轟音と共に吹き飛び、海へと没していった。マロリイとミラーは駆逐艦へ引き上げられ、スタヴロウとアンナは抵抗運動をするため島へ戻った。 海には、勇者の勝利を讃える駆逐艦隊の祝いのサイレンが鳴り響いた。



冒険小説の巨匠アリステア・マクリーンの大ベストセラーの映画化。錚々たるキャストと重厚な演出が、見事にマッチした超娯楽大作です。「タイムリミットがあり特殊技能者を集めた精鋭チームで敵地潜入、というフォーマットの祖」と謂われていますね。戦争映画というよりは、アクション・冒険映画の要素が強く、「戦争と人間」を描く人間ドラマの側面も持っています。キャラの配置、俳優の重厚な演技、サスペンスの盛り上がりと、見応え充分です。今見ると特撮の粗が見えますが、古い作品はそこのところは目をつぶるのがマナーです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
283位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。