バナー
Category : ファンタジー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Click here and go to Amazon

『ジェニーの肖像』 Portrait of Jennie (1948・米)
監督/ウィリアム・ディターレ
脚本/レナード・ベルコビッチ
脚色/ポール・オスボーン、ピーター・バーネイズ
原作/ロバート・ネイザン
製作/デイヴィッド・O・セルズニック
撮影/ジョセフ・オーガスト
音楽/ディミトリ・ティオムキン
出演/ジェニファー・ジョーンズ、ジョゼフ・コットン、エセル・バリモア、リリアン・ギッシュ、セシル・ケラウェイ、デイヴィッド・ウェイン、アルバート・シャープ、ヘンリー・ハル、フローレンス・ベイツ、フェリックス・ブレサート、クレム・ビヴァンス、モード・シモンズ

ロバート・ネイサンの名作幻想小説を、『旅愁』などで知られるウィリアム・ディターレ監督が見事に映画化したファンタジー・ラブロマンス。

1934年、冬のニューヨーク。貧しい画家イーベン・アダムス(ジョゼフ・コットン)は、画商のスピニー夫人(エセル・バリモア)とマシューズ(セシル・ケラウェイ)の画廊を訪れた。気難しそうなスピニー夫人は、アダムスの人間性の未熟さを指摘するものの、彼に何か引かれるものを感じて、花の絵を一枚買うことにした。
その後アダムスは、セントラルパークで、雪遊びをしている少女ジェニー・アプルトン(ジェニファー・ジョーンズ)に出会う。ジェニーに絵を見せたアダムスは、コッド岬の絵を見た彼女が、その場に詳しいことを知る。友達のことなどを矢継ぎ早に話す不思議な少女ジェニーに、アダムスは、空腹と疲労で落ち込んでいた心を癒されるのだった。そしてジェニーは、スカーフを残して姿を消してしまう。
苦しい生活に疲弊し切っていたアダムスは、ジェニーとの出会いで、彼女に心奪われた。アダムスは、自宅に帰っても頭を離れない、ジェニーのデッサン画を描いてみる。友人のタクシー・ドライバーのガス・オトゥール(デヴィッド・ウェイン)と昼食に行ったアダムスは、ジェニーのスカーフを包んであった新聞が、20年以上前のものだと気づいた。さらに新聞には、ジェニーの言っていた空中ブランコ乗りの両親の広告も掲載されていた。アダムスは、ガスの機転で、レストランの壁に絵を描く仕事をもらえた。
その後アダムスは、マシューズとスピニー夫人の画廊に向かい、ジェニーのデッサン画を見せた。マシューズが気に入り、それを25ドルで買ってもらえる。アダムスをお茶に誘った夫人は、その絵を描いた時の閃きを大切にするよう彼に助言するのだった。
穏やかな気分で午後を迎えたアダムスは、スケートリンクでジェニーに再会する。不思議なことに、ジェニーは短期間で背が伸びて成長していた。そして、相変わらずおかしな話をするジェニーの肖像画を描こうとするアダムスは、その承諾を得るために、彼女の両親に会う約束をして別れる。しかし、そこに現れたスピニー夫人には、ジェニーの姿は見えなかった。
数日後、ジェニーは約束の場所に現れず、アダムスは、彼女の両親について調べてみることにする。すると両親の資料と共に、自分が会ったジェニーの写真が出てきたのだ。自分の目を疑ったアダムスは、ジェニーが両親の死後に、カトリックの修道院に預けられたことを知る。
その帰り道にアダムスは、両親が事故死して泣き崩れるジェニーに出会う。彼女は修道院に預けられることと、何かを探し求めていることを言い残して姿を消してしまう。それからは、ジェニーがアダムスの前に現れなくなり、時は経ち、彼は絵を描こうとする気力が薄れてしまう。全てがジェニーを想い出させ、長い冬が終わり春が訪れても、アダムスは何も手のつかない日々が続いた。
ただ一人の相談相手のスピニー夫人に、アダムスは、生涯最高の作品「ジェニーの肖像」が描けそうな気がすることを伝えるが、それにとりかかれないもどかしさも語る。アダムスは、ジェニーは自分が作り上げた空想と思うかと夫人に尋ねるが、彼女は、それは問題ではなく、描く準備をしておくべきだと彼を励ました。ガスにも助言されたアダムスは、先延ばしになっていた、アイルランド独立運動の指導者「マイケル・コリンズ」の絵をレストランの壁に描き完成させる。その絵の除幕式を終えるものの、ガスらと騒ぐ気になれないアダムスはアパートに帰った。なんと、そこにには、大人になったジェニーがアダムスを待ち構えていた。ジェニーは、アダムスの、コッド岬のランズエンド灯台の絵を見て動揺する。そしてアダムスは、気を取り戻したジェニーをモデルに、彼女の肖像画を描き始める。その後、ジェニーを修道院に訪ねたアダムスは、彼女との癒された一時を楽しむ。
数日後、アダムスのアパートを訪れた、スピニー夫人とマシューズは、未完成の「ジェニーの肖像」を見て、奇跡にも近いその素晴らしい出来栄えと、そして、時代を超えた神秘的な美しさに感激して絶賛する。やがて、アダムスとジェニーは心惹かれ合うが、何か越えられない境界線のようなものを感じる。ジェニーは、病気の叔母の元に向かうことになり、数ヶ月会えなくなる二人は、肖像画を仕上げるために徹夜して、そして、ついに絵は完成する。それを喜ぶ二人だったが、ジェニーはその場にあったスカーフと共に姿を消してしまう。ジェニーを待ち続けて、再び空虚な日々が続くアダムスは、ガスの提案で、修道院のシスター・メアリー(リリアン・ギッシュ)を訪ねた。
[ネタバレ反転]
そこでアダムスは、ジェニーが十何年も前に、叔母の療養場所であったニューイングランドでランズエンド灯台へ遊びに行き、高波に襲われて死んだと聞かされる。「忘れもしません。10月5日のことでした」今日は10月1日。まだ4日ある。もしかしたら彼女を助けることができるかもしれない。ジェニーの一生と自分の人生のつながりを追求するために、ジェニーの肖像画をスピニー夫人に預けて、コッド岬に向かった。
岬に着いたアダムスは、コッブ船長(クレム・ビヴァンス)から、ジェニーを知る現地の住民イーク(ヘンリー・ハル)を紹介されて、彼からヨットを借りる。嵐の中、灯台にたどり着いたアダムスは、ジェニーと再会できるが、互いに愛を誓った次の瞬間、彼女は高波にさらわれてしまう。一命を取り取り留めたアダムスは、ジェニーを助けられなかったことを後悔する。アダムスは、後を追ってきたスピニー夫人に、ジェニーに会えただけでも幸運だったと励まされる。自分が発見された場所の近くにあったという、ジェニーのスカーフを見たアダムスは、現実に彼女に会ったことを確信する。時間と空間で隔てられていても、ジェニーはきっと生きている。そして、「ジェニーの肖像」により才能を開花させたアダムスは、「イーベン・アダムス画集」を発表する。その後、ジェニーの肖像画は、メトロポリタン美術館に展示されることとなった。
ある日、美術館を訪れた少女(アン・フランシス)は、その肖像画を見て、幻想のように美しいジェニーという女性が、作者にとっては存在したのだと信じた。そこに現れたスピニー夫人は、少女達の賢さに感心して、愛の奇蹟を描いた輝くばかりの肖像画と至上の愛で結ばれた二人を思い起こし、微笑みを浮かべるのだった。




時間と空間を越えた愛を描いた、幻のように美しくせつないファンタジー・ラブロマンス映画の傑作です。主演のジェニファー・ジョーンズの神秘的な美しさと、彼女を追い求めながら画家として成長して才能を開花させていくジョゼフ・コットンの、純朴な演技が素晴らしい。原作小説を忠実に映画化しており、読んだ印象がそのまま画面になっているのにビックリした記憶があります。ただ、ラストは淡々と突き放したような原作と違っていて、映画を見終わるときに胸が暖かくなります。

※原作小説は複数の出版社より出ていますが、最初のハヤカワ文庫のカバー絵が物悲しくて私は一番好きです。
ジェニーの肖像_小説
スポンサーサイト

Click here and go to Amazon

『ある日どこかで』 Somewhere in Time (1980・米)
監督/ヤノット・シュワルツ
脚本/リチャード・マシスン
原作/リチャード・マシスン
製作/スティーヴン・サイモン、レイ・スターク
音楽/ジョン・バリー
撮影/イシドア・マンコフスキー
編集/ジェフ・ガーソン
出演/クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、クリストファー・プラマー、テレサ・ライト、ビル・アーウィン、スーザン・フレンチ、ジョージ・ヴォスコヴェック、ジョン・アルヴィン、エドラ・ゲイル、オードリー・ベネット、ウィリアム・H・メイシー、ローレンス・コーヴェン

写真の中の女優に恋こがれ、ようやく果たした数奇な出逢い……。
「時間」という壁を超えて、狂おしいほどに切ない恋に落ちる男女を描いた珠玉のラブ・ファンタジー。


1972年。劇作家を志すミルフォード大学の学生リチャード・コリアー(クリストファー・リーヴ)の処女作が初演され大成功をおさめた後のパーティで、彼は見知らぬ老婦人から声をかけられた。彼女はリチャードに美しい金時計を渡し「私のところへ戻って来て」と告げるとその場を去り、大学から近いグランド・ホテルに帰って行った。それから八年が過ぎ、劇作家として名を成したリチャードはスランプに陥っていた。気ばらしにあてのない旅に出たリチャードは、いつの間にか懐しいミルフォードに来ていた。彼は、歴史あるグランド・ホテルに宿をとった。
アーサー(ビル・アーウィン)という年老いたボーイの案内で部屋に落ちついた彼はホテルの史料展示室を見物し、そこで一枚の美しい女性のポートレートに目を奪われる。アーサーからその女性がエリーズ・マッケナ(ジェーン・シーモア)という当時の人気女優であることを聞き出したリチャードは、町の図書館で彼女についての記録を見つけ、彼女が八年前の老婦人であることを確認する。エリーズの秘書ローラ(テレサ・ライト)を訪れたリチャードは、ローラから金時計がエリーズの宝物であったこと、八年前に彼女が亡くなったことなどを聞く。
ローラの保存する遺品の中から「タイム・トラベル」という時間次元を超越する超心理学の本を見つけたリチャードは、その本の著者を訪ね、タイム・トラベルの可能性を聞き出した。リチャードはホテルの部屋で服装も持ち物も今世紀初頭のものを身につけ、1912年に入りこもうと自分に暗示をかけた。数度の試みの末、やっとタイム・トラベルに成功した彼は、1912年の過去で目を覚ます。そして、ロビーで幼いアーサーを見かけ、ホテルに滞在している筈の劇団を訪ね、エリーズを探した。
やがて湖畔でエリーズと出会ったリチャードは、彼女の美しさに目を奪われるが、彼女の方もリチャードの出現に何故か驚きの表情を見せるのだった。しかし、二人が接近しようとした時、エリーズのマネージャーのロビンソン(クリストファー・プラマー)が現われ、無理矢理エリーズを連れ去る。同じ午後、エリーズを散歩に誘うことに成功したリチャードは、打ちとけて会話するのだった。そして初めてのキス。出会った瞬間からリチャードが自分にとって大切な男性であると直感したというエリーズは、後の再会を約束して舞台へと戻っていった。二人の接近に不安を感じたロビンソンは、舞台を観にきていたリチャードを呼びだし、軟禁する。
[ネタバレ反転]
彼が自由の身になったのは公演を終え劇団がホテルを去った後だった。うなだれる彼の前に、劇団と別れホテルに残っていたエリーズが現われる。二人は固く抱き合い永遠の愛を誓った。しかし、結婚の約束をかわした直後、彼が背広にあったコインを取り出した時、全てが終りを告げた。コインに刻まれた1972年という文字を見た瞬間、リチャードは残酷にも現在に引き戻された。過去に戻ろうと必死になるリチャード。何日かたち、アーサーが部屋をこじあけると、衰弱しきったリチャードの姿があった。しかし、瀕死の彼の顔にはかすかな笑みが浮かび、あたかも再びエリーズと結ばれるかのようだった。



珠玉の時間恋愛ファンタジーです。理を追う作品ではなく、雰囲気・感覚を楽しむ映画です。はっとした瞬間、視線の揺らぎ、上気した頬といった、恋愛の機微がロマンティックに描かれています。ジョン・バリーの劇中音楽とラフマニノフの「パガニーニのラプソディー」が絶妙な効果をあげています。ありし日の、元気なクリストファー・リーブに再会できます。

Click here and go to Amazon

『過去へ旅した女』 The Two Worlds of Jennie Logan (1979・米)TVM
監督/フランク・デ・フェリッタ
製作/ポール・B・ラディン
製作総指揮/ジョー・ワイザン、ロン・サミュエルズ
原作/デヴィッド・ウィリアムズ
脚本/フランク・デ・フェリッタ
撮影/アル・フランシス
特殊メイク/スタン・ウィンストン
音楽/グレン・パクストン
出演/リンゼイ・ワグナー、マーク・シンガー、アラン・ファインスタイン、リンダ・グレイ、ヘンリー・ウィルコクソン、ジョーン・ダーリング、アイリーン・テッドロー

夫マイケル(アラン・ファインスタイン)の浮気が原因でギクシャクしているローガン夫妻が、やり直すために引っ越してきた郊外の古い屋敷。妻ジェニー(リンゼイ・ワグナー)は、屋根裏部屋で魅力的な白いドレスを見つける。修繕し身にまとってみると、突然気が遠くなる。われに帰ると、彼女は80年以上前の19世紀末の時代に来ていたのだ。その時代の屋敷には、結婚後すぐに妻パメラを亡くし悲嘆にくれる画家で屋敷の主人デビッド(マーク・シンガー)がおり、突然現れたパメラそっくりのジェニーに心を奪われる。一方、ドレスを着る事で、現在と過去を自由に行き来できるようになったジェニーが話す内容を、マイケルは精神病と疑い懸命の治療を試み、愛の証にネックレスをプレゼントした。しかしジェニーもまたデビッドに惹かれるようになり、マイケルは精神病の悪化を懸念する。
[ネタバレ反転]
ある日ジェニーは、文献によりデビッドに悲劇が訪れる事を知ってしまう。現代の夫マイケルと過去に生きるデビッドと、どちらかの選択を迫られるジェニー。二つの時代に同時に生きることはできない。ジェニーの身に危険を感じたマイケルは、屋根裏部屋の扉を破る。そこには息絶えたジェニーの姿があった。
葬儀が終わり、意気消沈し屋根裏部屋を片付けるマイケル。部屋の奥に埃を被った古い絵画を発見する。そこにはパリの街を背景に、ネックレスを胸に家族に囲まれ優しく微笑むジェニーを描いた幾枚もの絵画があった。涙を流しながら、マイケルもまた優しく微笑むのだった。



※オープニング部分。続きは再放送または商品購入にて。

『ある日どこかで』と並ぶ、ロマンティックな時間恋愛ファンタジーです。主演の『バイオニック・ジェミー』のリンゼイ・ワグナーが美しい。かつてNHKで放映されたTVムービーで、数度民放で放映されて以来、劇場公開・ビデオ化・DVD化されていない、幻の傑作と呼ばれています。

※商品DVDの画像は米国内販売[日本語字幕なし]のものです。
レディホーク

『レデイホーク』 Ladyhawke (1985・米)
監督/リチャード・ドナー
脚本/エドワード・クマーラ、マイケル・トーマス、トム・マンキーウィッツ、デイヴィッド・ピープルズ
製作/ローレン・シュラー、リチャード・ドナー
製作総指揮/ハーヴェイ・バーンハード
撮影/ヴィットリオ・ストラーロ
音楽/アンドリュー・パウエル
出演/ルトガー・ハウアー、ミシェル・ファイファー、マシュー・ブロデリック、レオ・マッカーン、ジョン・ウッド 他

中世のヨーロッパ。城塞都市アクイラの大聖堂の地下にある牢獄には、囚人があふれていた。今までこの牢から逃亡した者はいなかったが、スリの常習犯フィリップ(マシュー・ブロデリック)は下水道をもぐって脱獄に成功する。支配者である司教(ジョン・ウッド)は、それを許さず追跡を命じる。田舎の宿屋で教会騎士団に捕えられ処刑されそうになったフィリップは、肩に鷹をとまらせた黒騎士ナヴァール(ルトガー・ハウアー)に救われた。残虐な教会騎士団長マルケー(ケン・ハッチソン)たちを蹴散らしたナヴァールは、フィリップの同行を強制する。
森の中できこりの家に泊まることにした2人。フィリップが馬の世話をしているうちに夜になり、ナヴァールの姿が消えた。きこりが2人を殺して金品を奪おうと襲ってきた時、黒い狼が現われて気こりを倒した。そして、どこともなく出現した美女イザボー(ミシェル・ファイファー)と夜の森を歩き出す。朝になると、イザボーが消えナヴァールが戻ってきた。2年間、ナヴァールは司教を狙っていたが、聖堂の守りは固く、地下迷路を通ってきたフィリップに手伝わそうと考えていた。
アクイラへと向かうナヴァールとフィリップは、待ち伏せしていた追手と戦いになる。空から襲いかかる鷹を、追っ手の矢が貫く。敵を退散させたナヴァールは、山頂の修道院に住む破戒僧インペリアス(レオ・マッカーン)に診せるようフィリッブに命じた。
その夜、フィリップは鷹がイザボーに変身するのを目撃した。かつて貴族の令嬢イザボーと教会騎士団長ナヴァールは熱烈に愛しあっていたが、イザボーに司教が横恋慕した。己になびかないイザボーを恨んだ司教は悪魔と取引して、2人に呪いをかけたのだ。その結果、イザボーは昼は鷹に、ナヴァールは夜は狼に変身し、2人が人間として出会えるのは日の出と日没の一瞬だけで、決して触れ合うことはできないのだった。
《ネタバレ反転》
2人の仲を司教に告げ口したのはインペリアスで、そのことを悔いた彼は、なんとか2人をもとに戻して償いをしようとしていた。そして、昼ではない昼、夜ではない夜、すなわち日食の刻に2人そろって司教の前に立てば呪いは解けると発見したのだった。だが、ナヴァールは信じず、司教を殺すためフィリップに礼拝堂への侵入を頼む。協力するインペリアスは狼を連れて司教への貢物と称してアクイラの門をくぐり、フィリップは下水道と地下水道を通って大聖堂へ忍びこみ、閂を外した。自分の死を告げる鐘が鳴ったとき、鷹を一思いに・・・と告げてナヴァールは戦いに赴いた。
堂々と礼拝堂へと馬を駆るナヴァールは家宝の剣をとって、向かってくる騎士を倒した。自分の地位を奪った卑劣なマルケーとの壮絶な一騎打ちの最中、不慮の事故で鐘が鳴り響いた。絶望に捕らわれたナヴァールはマルケーを圧倒する。ナヴァールが司教に剣を突きつけたとき、礼拝堂にイザボーが入ってきた。2人して司教の前に姿を見せつけ、呪いは解けた。惑乱した司教は、イザボーを殺そうと襲いかかる。ナヴァールの剣が司教の胸に剣を貫いた。ナヴァールとイザボーは、人間として抱き合うのだった。




中世ヨーロッパを舞台に、邪悪な呪いを受けた恋人たちが悪の司祭に立ち向かうロマンチックなファンタジー。監督は『オーメン』『スーパーマン』『リーサル・ウェポン シリーズ』などのリチャード・ドナー。スピーディでアクションたっぷり、ロマンチックな娯楽巨編に仕上げています。音楽担当の「アラン・パーソンズ」はロック・フュージョン・バンドですが、以外にも中世の戦いに熱血を添えて面白い効果を上げています。まあ『ロック・ユー!』なんてもっと激しいクイーンを起用した作品もあるんで、その先駆けといえるかも。逞しく強い騎士を演じるルトガー・ハウアーと、美しいお姫様ミシェル・ファイファー、そしてヴィットリオ・ストラーロのイタリアでロケされた美しい映像と、何もかもが素晴らしい作品です。
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
302位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。