バナー
Category : 時代劇
眠狂四郎無頼控

『眠狂四郎無頼控』 全22話 (1983年・日)

【スタッフ】
原作/柴田錬三郎
脚本/下飯坂菊馬、市川靖
監督/山下耕作、原田雄、南野梅雄
音楽/岩代浩一
製作協力/京都映画株式会社
製作/テレビ東京、歌舞伎座テレビ

【キャスト】
眠狂四郎…………片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)
お蘭………………松尾嘉代
金八………………火野正平
武部仙十郎………小松方正
吉蔵………………北村英三
お玉………………加川綾女
居酒屋の親父……北見唯一

【ストーリー】
文政末期から天保年間にかけての11代将軍・家斉治世の江戸を舞台に、転びバテレンの子として虚無と孤独の中に生きる眠狂四郎と、彼に関わる人たちの生きざまを描く。

【解説】
前作『眠狂四郎円月殺法』の好評をうけ制作された、片岡孝夫主演によるシリーズ続編。円月殺法に幻想的な映像処理が新たに取り入れられました。片岡孝夫は、オープニングタイトルや円月殺法後の表情に強い虚無感を漂わせる一方、不幸な境遇の者に対して生き抜くことを説くなど、温かさが増した独自の狂四郎を演じています。主要メンバーは前作をほぼ踏襲し、狂四郎が二階に居候する船宿が出るので主の吉蔵と下女のお玉がレギュラーに加わります。行きつけの居酒屋も出来て、基本的に江戸が舞台となり一話完結になっています。
スポンサーサイト
眠狂四郎円月殺法

『眠狂四郎円月殺法』 全19話 (1982年・日)

【スタッフ】
企画/神山安平(テレビ東京)、大塚貞夫(歌舞伎座テレビ)
プロデューサー:犬飼佳春(テレビ東京)、小久保章一郎、沢克純(歌舞伎座テレビ)、佐々木康之
原作/柴田錬三郎
脚本/和久田正明、鈴木生郎、米谷純一、石山昭信
監督/皆元洋之助、南野梅雄、家喜俊彦、唐順棋
音楽/岩代浩一
製作協力/京都映画株式会社
製作/テレビ東京、歌舞伎座テレビ

【キャスト】
眠狂四郎…………片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)
お蘭………………松尾嘉代
金八………………火野正平
武部仙十郎………小松方正
調所笑左衛門……安部徹
都田水心…………岸部シロー(現・岸部四郎)
海老原蔵人………伊吹吾郎
島本半三郎………関根大学
森田周之助………鶴田耕裕
松浦与一郎………片岡松之助
ナレーター………佐藤慶

【ストーリー】
徳川の威信が凋落の兆しを見せ始めた将軍家慶の頃、外様大名・薩摩藩を中心とする西国十三藩が不穏の動きを見せた。時の老中・水野忠邦の命を受けた武部仙十郎は、この謀議壊滅を急いだ。なぜか江戸を後に西へ向かう無頼の徒・眠狂四郎は、知らず知らずのうちにその渦中に巻き込まれていた……「眠狂四郎と覚えておいて頂こう」。

元旦に江戸城で行われる将軍祝賀の儀式に出席しない西国大名──薩摩を中心とする西国13藩の幕府に対する謀議に気づいた老中・水野越前守は側用人・武部仙十郎に、眠狂四郎を西国13藩の謀議を探らせるよう命じる。狂四郎は、幕府と西国13藩の闇の暗闘に興味をもち、京を目指して東海道五十三次の旅に出る。謀議に加った西国13藩は、様々な形で狂四郎の命を狙い刺客を放つ。旅で係った市井の人情を織り交ぜながら、宿場ごとに巻き起こる事件を、円月殺法をもって狂四郎は解決していくのだった。



【解説】
原作は柴田錬三郎の『眠狂四郎 孤剣五十三次』。片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)が眠狂四郎に扮したTVシリーズです。今まで眠狂四郎を演じた俳優は、映画では鶴田浩二、市川雷蔵、松方弘樹。TVでは江見俊太郎、平幹二郎、田村正和、片岡孝夫。やはり市川雷蔵と片岡孝夫が双璧です。原作のテイストを生かした脚本の良さ、片岡孝夫の怜悧な演技の美しさにより、TVシリーズでは一番の出来だと思います。原作者の柴田錬三郎は田村正和を絶賛したそうですが、ワタシ的にはナヨっとしてて余り好きではありません。
眠狂四郎悪女狩り

『眠狂四郎悪女狩り』(1969年・日)

不義、私刑、同性愛…… 情欲渦巻く“大奥”に円月殺法只今推参!

【スタッフ】
配給/大映
監督/池広一夫
脚色/高岩肇 、 宮川一郎
原作/柴田錬三郎
企画/財前定生
撮影/武田千吉郎
美術/下石坂成典
音楽/渡辺岳夫
録音/大谷巖
照明/山下礼二郎
編集/菅沼完二
スチル/藤岡輝夫

【キャスト】
眠狂四郎………………市川雷蔵
小夜……………………藤村志保
錦小路…………………久保菜穂子
お千加…………………松尾嘉代
茜………………………吉田日出子
幾野……………………長谷川待子
お菊……………………朝丘雪路
川口周馬………………江原真二郎
板倉将監………………小池朝雄
志野……………………宇田あつみ
女面の女………………毛利郁子
滝山……………………橘公子
おらんだ屋惣兵衛……伊達三郎
神尾清十郎……………杉山昌三九
役人……………………南条新太郎
野次馬…………………寺島雄作
御典医…………………南部彰三
坂井対馬守……………玉置一恵
侍………………………堀北幸夫
野次馬…………………沖時男
千鶴……………………矢代洋子
中条流の老婆…………小林加奈枝
環………………………行友圭子

【ストーリー】
江戸城大奥は、将軍の子を身篭った側室の環とお千加の方をめぐって、権力争いの渦中にあった。
大奥総取締の錦小路は、大目付の坂倉将監と組み、キリシタン一味の川口周馬や惣兵衛らを使い、自分たちに不都合な幕府要人を暗殺し、お千加の方一派の女たちを犯して殺した。だが、江戸市中には、血と女に狂った眠狂四郎の悪事として流れていた。
狂四郎は、そんな風評には耳をかさず、茶屋の女将お菊と相変らずの情事を楽しんでいた。
ある日、狂四郎は墓参にやって来た大奥の女・小夜に、兄と見違えられた。狂四郎は好機とばかりに、大央の様子をうかがったが、茜の邪魔が入り、失敗に帰した。一方、錦小路や板倉らは、狂四郎が動き出したと見てとり、対策に乗りだした。
川口は狂四郎の仮面をかぶり、ますます悪名をとどろかせた。錦小路も、将軍の子をお千加から堕胎させようと、薬を飲ませた。さらに中条流の老婆のもとへ送ろうと企んだが狂四郎に阻まれてしまった。
《ネタバレ反転》
怒った錦小路は伊賀者を使い、狂四郎を大奥に連れこんだ。手足を縛られ、自由を失った狂四郎は、錦小略の欲情にもてあそばれた。やがて錦小路は懐剣をふりかざし、狂四郎に迫った。
錦小路の部屋に小夜が、飛び込んで来たのはその時だった。そして小夜は兄の罪の償いと狂四郎に刀を渡し、大奥から脱がすのだった。
キリシタンたちが、ルソン島へ脱出する日、彼らの船は、板倉の手がまわって発砲され、小夜は死んだ。小夜の十字架を握った狂四郎の円月の剣は、川口を倒すのだった。




【解説】
円月殺法を操る浪人・眠狂四郎の活躍を描く娯楽時代劇シリーズ第12作目。大奥で将軍の子を身篭った側室の環とお千加の方の間に権力争いが勃発し、偽狂四郎が暗躍するシリーズ最終作。女忍者役で吉田日出子、ニセ狂四郎役で江原真二郎、悪女役でシリーズ常連の久保菜穂子らが共演しています。市川雷蔵の早すぎる死によってシリーズ最終作になりました。誰に対しても驕らず、高ぶらず、常に礼儀正しく、また後輩の面倒も良くみたそうで、その人柄から慕う人が多かったそうです。複雑な生い立ちゆえの影が人間性に深みを与えており、更にはそれを自分の中で昇華させていたとも。それらを?み込んでの爽やかな立ち居振る舞いは、まさにスタアの名に相応しい人物です。「数ある時代劇の俳優の中にも、もう彼のように、折り目の正しい、いい意味での、本当の武士らしい武士になりきれるものは一人もいない」と評されています。
眠狂四郎人肌蜘蛛

『眠狂四郎人肌蜘蛛』(1968年・日)

狂四郎の生首がほしい! 犯せと誘う熱い肌! 生きてかえれぬ猟奇の館! 地獄で見せる円月剣! 

【スタッフ】
配給/大映
監督/安田公義
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/財前定生
撮影/武田千吉郎
美術/下石坂成典
音楽/渡辺宙明
録音/奥村雅弘
照明/古谷賢次
編集/菅沼完二
スチール/大谷栄一

【キャスト】
眠狂四郎………市川雷蔵
紫………………緑魔子
須磨……………三条魔子
土門家武………川津祐介
都田一閑………渡辺文雄
薬師寺兵吾……寺田農
田付十郎次……五味龍太郎
偽癩の女………三木本賀代
はる……………小林直美
老女楓…………岸輝子
蜘珠手…………松枝錦治
曽根門之助……伊達三郎
七蔵……………寺島雄作
桑山要…………黒木現
牢の中の男……和田正也
牢の中の男……木村玄
牢の中の女……光嵐子
侍女……………矢代洋子
毒殺の女………井上ヒロミ
老百姓…………荒木忍

【ストーリー】
母の墓参に、甲府へ立寄った眠狂四郎は、将軍家斉の妾腹の子という権力をカサに、暴虐の限りを尽す土門家武、紫の兄妹の鬼館へ、召出された薬師寺兵吾の身変りとして出かけた。甘美な肌を誘いに迫る紫や奴隷男蜘珠手の攻撃を受けた狂四郎は、敵の一瞬のスキをみて、鬼館を脱した。だが、戻ってみると兵吾と村娘はるの姿はなく、瀕死の七蔵が横たわっているのみだった。七蔵は、二人の救出を依頼すると世を去った。
一方、紫、家武の一派は、様々な奇策を用いて狂四郎に迫った。狂四郎は、ハンセン病を装う女を見抜いたものの、不覚にも家武の毒矢を腕に受けてしまった。薄れゆく意識の中、狂四郎は辛くも草むらに身を隠したが、ついに力尽きてしまった。そんな狂四郎の危機を救ったのは、公儀目付役・都田一閑だった。
そこで狂四郎は、将軍家安泰のため乱行の紫兄妹を葬ってくれと頼まれたが、救命の礼を述べ、その申出を断った。そんな折、狂四郎の身を気遣って近付く女が現われた。紫の一味で門付女・須磨だった。だが狂四郎の魅力にとりつかれた須磨は、身の危険も省りみず、陶酔の夜を燈すのだった。
須磨の裏切りを察知した紫は、兵吾との交換条件を持出し、狂四郎を森の荒家に誘った。危険はもとより承知の上、森の一軒家に出かけたものの、十字架にかけられた須磨の裸体を前に一瞬歩を止めた。その時、火煙筒が投げ込まれ、死体を装っていた紫一派の集中攻撃を浴びた。しかし狂四郎の円月殺法は冴えわたり、狼狽する敵陣深く斬り込んでいった。
《ネタバレ反転》
やがて狂四郎は紫の身体を冷やかに賞味すると、兵吾との交換を家武に伝えさせ、闘技場に向った。しかし、面前で兵吾を射殺された狂四郎は、鋭く迫る一味に敢然と斬り込んだ。冴えわたる円月殺法に蜘蛛手はじめ次々と倒れ、家武も血しぶきをあげて倒れた。
兄の最後を見とどけた紫は、炎上する鬼館へ身を投げた。土門家破滅の礼を装い斬りかかった都田も狂四郎の一閃に最後をとげた。
同じ黒ミサの運命を受けた、混血青年兵吾の屍を前に佇む狂四郎。その姿は憂愁をおびていた。



【解説】
円月殺法を使うニヒルな浪人・眠狂四郎を市川雷蔵が演じた娯楽時代劇シリーズ第11作目。狂四郎と、暴虐の限りを尽くす将軍の妾腹の兄妹の戦いが描かれます。毒殺マニアの兄とサディスティックな妹の近親相姦、多数の死体が転がる中でのセックスなど猟奇アイテム満載で、作品に横溢する不気味さと猟奇性から、時代劇ファンに加えてカルト映画ファンの支持も高い作品です。淫蕩で残忍な姫君を個性派女優、緑魔子が演じ、その双生児の兄で妹に倒錯した恋情を抱く兄を川津祐介、狂四郎と同じ黒ミサで生まれた青年に「目がぁ、目があああ」の寺田農が扮します。
眠狂四郎女地獄

『眠狂四郎女地獄』(1968年・日)

斬るもよし! 抱くもよし! 邪剣にひそむ魔女七人! 今宵ぬれるは、女か、剣か!!

【スタッフ】
監督/田中徳三
脚色/高岩肇
原作/柴田錬三郎
企画/奥田久司
撮影/森田富士郎
美術/内藤昭
音楽/渡辺岳夫
録音/海原幸夫
照明/中岡源権
編集/山田弘
スチール/大谷栄一

【キャスト】
眠狂四郎……………市川雷蔵
小夜姫………………高田美和
お園…………………水谷良重(現・二代目水谷八重子)
成瀬辰馬……………田村高廣
堀采女正……………小沢栄太郎
野々宮甚内…………伊藤雄之助
稲田外記……………安部徹
しのぶ………………渚まゆみ
杉江…………………三木本賀代
盲目の女……………しめぎしがこ
関口…………………草薙幸二郎
渡辺…………………北城寿太郎
遠藤…………………近藤宏
矢部…………………小瀬格
浪人…………………藤山浩二
田所源次郎…………五味龍太郎
采女正の用人………南部彰三
刀屋…………………寺島雄作
小林…………………浜田雄史
隠居所の女…………水町由香里
角兵衛獅子の娘……丘夏子
おちか………………織田利枝子

【ストーリー】
旅の途中、眠狂四郎は何者かに襲われ瀕死の状態で「手柄を・・・」と呟く密使から、緋鹿の子しぼりの手絡を受取った。狂四郎は、手柄に命を捨てる浅ましさと、国元に手柄を報告して欲しいとはいえ、男にお礼がわりに娘の髪飾りである緋鹿の子しぼりの手絡を渡す愚に失笑した。
しかし狂四郎は、知らぬうちに佐伯藩国家老・堀采女正と、城代家老・稲田外記の権力争いの渦中に巻き込まれていたのだった。采女正派からは外記派の一人と信じられ、外記派からは密書を奪い去ったと誤解され、両派の刺客が狂四郎の身辺に現われはじめた。実は手絡こそが密書だったのだ。だが狂四郎は、そうとは知らずに、手絡を角兵衛獅子の少女・おちかに与えていたのだった。
道中、狂四郎はひと目で女と分る男装の旅人に道連れになってほしいと頼まれたが断った。その直後、狂四郎は惨殺死体となったおちかを発見した。手絡は奪われていなかったが、それには「姫国表に向う」という隠し文字が谷川の水で浮び出ていたのである。
狂四郎は城下に着くまでに、外記派の刺客・辰馬、金と出世が目的で采女正にやとわれた甚内らと剣を交えたり、色仕掛けで狂四郎の命を狙う女たちの手を逃れたりと、矢継ぎ早の危機を脱していた。
一方、権力の後楯として小夜姫を狙う二派のうち、ついに外記は、男装の旅人に化けて国に現われた小夜姫を捕え、幽閉してしまった。
《ネタバレ反転》
しかし、二派の抗争は、その外記が甚内の剣に倒されたことにより決着がついた。やがて、采女正が佐伯藩の実権を半ば手中にして登城する途中、辰馬が采女正の駕籠を襲った。
だが駕篭から現われたのは、狂四郎である。狂四郎は、辰馬がおちかの兄で、采女正の妾腹の子であるのを知り、父を討たせまいとしたのだ。だが、辰馬は母子を捨てた采女正を怨み、復讐しようとしていたのである。
采女正はそんな辰馬を実子と知りながら、卑怯にも短銃で射ち殺した。辰馬に自分と同じ宿命の重さを見る狂四郎は憤り、得意の円月殺法で采女正とその一派を倒していった。




【解説】
円月殺法を操る浪人・眠狂四郎の活躍を描く娯楽時代劇シリーズ第10作目。権力争いに巻き込まれた狂四郎が、二つの勢力を向こうに回しての立ち回り。ハメットの『血の収穫』風の趣向です。男装の姫君に高田美和、居酒屋の女に水谷良重(現・水谷八重子)。『兵隊やくざ』シリーズの田村高廣、『忍びの者』の伊藤雄之助ら、仇役の男優陣も縁起派で充実しています。ちなみに田村高廣は田村正和(三男)、田村亮(四男)ら田村兄弟の長兄であり、父は剣戟王と謳われた阪東妻三郎です。顔・姿・声ともに父親に瓜二つでビックリでした。
眠狂四郎無頼控 魔性の肌

『眠狂四郎無頼控 魔性の肌』(1967年・日)

今宵また、抱いた女体に殺気が走る! 抱いて燃えず、斬って冷たし円月殺法! 

【スタッフ】
監督/池広一夫
脚色/高岩肇
原作/柴田錬三郎
企画/奥田久司
撮影/竹村康和
美術/下石坂成典
音楽/渡辺岳夫
録音/大谷巖
照明/美間博
編集/山田弘
スチル/西地正満

【キャスト】
眠狂四郎…………市川雷蔵
ちさ………………鰐淵晴子
おえん……………久保菜穂子
志乃………………長谷川待子
岩風呂の女………渚まゆみ
三枝右近…………成田三樹夫
朝比奈修理亮……金子信雄
園枝………………木村俊恵
お千代……………三木本賀代
巴屋………………稲葉義男
釜屋………………遠藤辰雄
大沼伊織…………五味龍太郎
神戸七郎太………伊達三郎
川南弥太七………黒木現
権藤巳之助………平泉征
お駒………………毛利郁子
おちか……………小柳圭子
尼僧………………香山恵子


【ストーリー】
忌まわしき黒ミサの儀式による混血の宿命を呪う狂四郎は暫くの間、矢場の女・おえんと暮していたが、ある日、闕所物奉行・朝比名修理亮のたっての願いで、その娘・ちさの貞操を代償に、将軍からある公卿に贈る黄金のマリア像を京都まで護送する仕事を引き受けた。その黄金像は、かつてポルトガルから天草四郎に贈られたもので、島原の乱の残党黒指党が狙っているということだった。
その夜、狂四郎は早速黒指党に襲われ、混血の首領・三枝右近の手を危うく逃がれた。翌日、修理亮の妻・園枝が自害し、自分あての遺書でそのわけを知った狂四郎は、それを一人胸に収め、ちさと共に京都に向った。
途中、黒指党がスキを見ては襲ってきたが、狂四郎の無想正宗に倒されていった。だが、狂四郎を狙うのは侍ばかりではなく、哀れみを誘って近づく武家女、岩風呂で狂四郎に色仕掛けで迫る野性の女、いずれも黒指党の息のかかった者だった。その度に虎口を脱して京都に着いた狂四郎をおえんが待っていた。後を追ってきたのだ。しかし、狂四郎はおえんもまた、黒指党の者だと知った。狂四郎に惚れているおえんは手を下すことができず、そのため右近の悽惨なリンチにあって死んだ。
《ネタバレ反転》
右近と修理亮が狂四郎とちさを待ち受けていた。修理亮は突然ちさを斬り、黄金像を奪った。狂四郎はこの修理亮が本物の双児の弟である偽物と知っていたが、偽物の実の娘がちさだったのだ。修理亮と入れ代った弟に犯され自害した園枝は、娘時代にもこの弟に犯され修理亮の承諾を得てちさを生んだのだった。それを知らされ茫然としているこの男を、狂四郎は斬った。
そして、右近も決闘のすえ、円月殺法に敗れ去った。しかし、狂四郎は、ちさも右近も、それぞれ自分と同じような暗い宿命に?み込まれて死んでいったことを、暗たんたる気持ちで想うのだった。




【解説】
円月殺法を使うニヒルな浪人・眠狂四郎を市川雷蔵が演じた娯楽時代劇シリーズ第9作目。切支丹の秘宝を運ぶ幕府役人の護衛を引き受ける狂四郎に、刺客が迫ります。『女妖剣』の鬼才・池広一夫監督のロードムービー風な好編。今回の女優陣は、純真な武家娘役に少女スターからの脱皮を図る鰐淵晴子、なじみの矢場の女役にシリーズ3度目の出演となる久保菜穂子と、正反対のタイプの女性が艶を競います。悪役も充実し、カルト教団の教祖役で、松田優作が「最高の悪役だと思う」と語った個性派俳優・成田三樹夫が出演しています。
眠狂四郎無頼剣

『眠狂四郎無頼剣』(1966年・日)

あいつは俺の影なのだ! 流派も同じ、腕なら互角! 同時にまわる円月殺法!

【スタッフ】
配給/大映
監督/三隅研次
脚色/伊藤大輔
原作/柴田錬三郎
企画/奥田久司
撮影/牧浦地志
美術/下石坂成典
音楽/伊福部昭
録音/林土太郎
照明/山下礼二郎
スチル/西地正満

【キャスト】
眠狂四郎………………市川雷蔵
愛染……………………天知茂
勝美……………………藤村志保
小鉄……………………工藤堅太郎
伊佐……………………島田竜三
日下部玄心……………遠藤辰雄
一文字屋巳之吉………上野山功一
弥彦屋彦右衛門………香川良介
武部仙十郎……………永田靖
志麻……………………酒井修
多兵……………………水原浩一
膳所……………………高杉玄
室………………………山本一郎
久三……………………南条新太郎
同心天城………………原聖四郎
妻お菅…………………橘公子
娘お曽代………………三木本賀代

【ストーリー】
眠狂四郎は武部仙十郎老人から、大塩忠斎(平八郎)の残党が不穏な動きを企てていると聞かされた。武部は筆頭老中・水野忠邦の側用人であり、狂四郎とは腐れ縁ともいえる存在だった。江戸一番の油問屋・弥彦屋と一文字屋が押込み強盗にあい、町辻では角兵衛獅子兄妹、女芸人・勝美太夫なるものが現われて不思議な火焔芸を披露しているが、これは大塩一味と関係があるという仙十郎の狙いだった。
越後の地下水から油精製(石油)を研究した大塩忠斎・格之助父子が、その権利を一万両でゆずり貧民救済資金にしようと計画したが、義挙は商人の裏切りによって挫折し、大塩父子が処刑されていたからだ。
その帰途、狂四郎は弥彦屋お抱えの用心棒、日下部玄心の一党に襲われた勝美を救った。勝美は狂四郎の顔をみて驚いた。狂四郎と格之助が似ていたためであった。勝美の口から、一文字屋と弥彦屋を襲ったのは愛染と名乗る浪人一味で、中斎の恨みを晴らさんため、老中・水野忠邦をも狙っており、しかも、格之助から油精製の図録を盗んだのは、一文字屋巳之吉に命じられた勝美であり、商人たちは図録を盗んでおいて大塩を幕府に売ったというのだ。
勝美はその後で自分の罪の深さを知って、巳之吉に恨みを返さんため動いていると聞かされた。勝美を銀杏長屋に送った狂四郎は、そこで愛染一味に襲われた。愛染一味は図録を盗んだ勝美を殺そうと狙っていたのだ。愛染と対決した狂四郎は驚いた。愛染は狂四郎と全く同じ円月殺法を遣ったからだ。それは狂四郎を鏡に写したごとく正確だった。愛染は狂四郎の戦いを観察し、円月殺法を再現したのだ。勝負は次回に持ちこされた。
《ネタバレ反転》
亥の子祝いの日、愛染一味は弥彦屋と一文字屋を焼き払い、忠邦を襲った。そこには狂四郎が待ちうけていた。江戸が大火に包まれるなか、愛染と狂四郎の一騎打ち──同じ円月がゆっくり廻っていった。静かに倒れ伏したのは愛染の方であった。狂四郎は愛染たちの復讐の虚しさを想い、大火に焼かれる無辜の民を、ただじっと見詰めることしかできなかった。



【解説】
円月殺法を操る浪人・眠狂四郎の活躍を描く娯楽時代劇シリーズ第8作目。貧民救済を果たせずに死んだ師・大塩平八郎の怨みを晴らそうとする残党と、無頼者の狂四郎が戦う。シリーズ最強のライバル・天地茂が演じる剣士を迎え、狂四郎に最大の危機が迫ります。監督はアクションの名手・三隅研次で、江戸大火をバックに大屋根で展開する一騎打ちなど、スタイリッシュな演出が冴えわたる名編。脚本はこれまでの星川清司に替わって時代劇の巨匠・伊藤大輔が担当しており、いつもの猟奇性は抑えめで格調が高くなっています。
眠狂四郎多情剣

『眠狂四郎多情剣』(1966年・日)

罠と知りつつ女体を抱き、背後に刺客の集団を斬る! 冴えに冴えたり円月殺法!

【スタッフ】
配給/大映
監督/井上昭
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/辻久一
撮影/竹村康和
美術/上里忠男
音楽/伊福部昭
録音/海原幸夫
照明/古谷賢次
編集/宮田味津三
スチル/西地正満

【キャスト】
眠狂四郎………………市川雷蔵
おひさ…………………二代目・水谷八重子
下曽我典馬……………中谷一郎
赤松勘兵衛……………五味龍太郎
菊姫……………………毛利郁子
お酒落狂女……………香山恵子
はる……………………田村寿子
檜喜平太………………戸田皓久
岡っ引平八……………水原浩一
居酒屋甚助……………寺島雄作
地廻り…………………木村玄
忍組十三番……………藤春保
中臈……………………橘公子
娼家の女将……………若杉曜子

【ストーリー】
眠狂四郎はある日、“菊”とだけ署名のある書状に呼ばれて、江戸の岡場所“井筒”という娼家へやって来た。そこで狂四郎はたまたま、はるという少女の水揚げに出喰わした。はるは何故か恐怖と憎悪の眼で狂四郎を見た。
その時、突然狂四郎は、下曽我典馬を始めとする、武州疾風組の一隊に襲われた。狂四郎は、冴えわたった剣さはきで、それらの敵をなぎ倒すと、その内の一人をつかまえ、敵の正体を証した。はたして、彼らをあやつる首領は、将軍家息女菊姫であった。狂四郎の脳裏に数年前の菊姫との出会いが甦えった。
──淫虐な遊びに明け暮れ、遊びあきた男どもを次々と殺していた能面をつけた菊姫。狂四郎はその能面をひきさき、その下にかくされた、菊姫の醜貌を世間にさらしたのだ。
“井筒”での突然の襲撃は、その復讐の前ぶれであった。狂四郎は、難をのがれると、何かいわくありそうな少女・はるを引きとり、住いの浄関寺へ連れもどった。はるは、父親を侍に殺されたため、侍すべてを憎むようになっていたのだ。狂四郎は、そんなはるの気持が不憫でならなかった。
菊姫の魔の手がのび、馬庭念流指南・赤松勘兵衛の妻志乃を殺し、その罪を狂四郎にきせた。狂四郎は仕方なく、菊姫におどらされて彼を襲ってきた勘兵衛を斬ってすてた。その間も、狂四郎の命を狙って、菊姫の息のかかったお酒落狂女や、伝法な女おひさが、手をかえしなをかえ罠をはっていた。
《ネタバレ反転》
度重なる失敗に菊姫は、一筋縄では狂四郎の命を奪えぬとみて、ついに狂四郎のもとに一緒に住むはるを奪い、狂四郎を自らの屋敷におびき入れ、総攻撃をかけた。だが狂四郎の円月殺法は、そんな菊姫の執念を断ら切るかのように冴え、ついに菊姫が頼りとする典馬をも斬った。
今やこれまでと観念した菊姫は、狂四郎の剣をまたずに、自害し果てた。狂四郎は、笑顔を見せるはるを連れて、風の鳴る武蔵野を後にした。




【解説】
円月殺法を使うニヒルな浪人・眠狂四郎を市川雷蔵が演じた娯楽時代劇シリーズ七作目。第四作『女妖剣』に登場して人気を博した敵役、淫蕩で残忍な菊姫が再登場。眠狂四郎の抹殺を図って陰謀をめぐらします。今回はまず、考え抜かれた構図、配置、カメラワークが芸術の域で感心させられます。監督は、シリーズではこの作品のみの井上昭。助監督時代には溝口健二、森一生、吉村公三郎らについて、森から映画を撮るテクニックを、溝口から「形而上学的な情念の世界」を学んだそうです。ストーリーの方も強力な敵に恵まれて、シンメトリーな構図が際だちます。今回も無垢な少女を守って……という「イイヒト」系でありながら脚本にも無理がなく、どこを取っても今回の出来は素晴らしいですね。
眠狂四郎魔性剣

『眠狂四郎魔性剣』(1965年・日)

罠と知りつつ魔性の肌を抱き、陶酔の一瞬に殺気を斬る!

【スタッフ】
配給/大映
監督/安田公義
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/藤井浩明
撮影/竹村康和
美術/加藤茂
音楽/齋藤一郎
録音/大角正夫
照明/山下礼二郎
編集/宮田味津三
スチル/藤岡輝夫

【キャスト】
眠狂四郎……………………市川雷蔵
おりん………………………瑳峨三智子
お艶…………………………長谷川待子
お糸…………………………明星雅子
佐絵…………………………穂高のり子
青華院………………………若松和子
菊村外記……………………須賀不二男
赤石群兵衛…………………北城寿太郎
紋部三郎太…………………五味龍太郎
大工政五郎…………………水原浩一
中森瀬左衛門………………浅野進治郎
水野忠成……………………稲葉義男
安西小十郎…………………伊達三郎
津久田典馬…………………橋本力
陣馬玄之助…………………木村玄
片目の花火師………………藤川準
舟宿女将……………………橘公子
中森瀬左衛門の娘綾路……小村雪子
高垣将監……………………荒木忍

【ストーリー】
武家育ちの娘・佐絵は、困窮のため身を売るしかなくなったが、眠狂四郎の手痛い拒絶を受けて自殺した。翌日、狂四郎のもとに、大工の娘・お糸が佐絵の遺書と共に、その子・鶴松を連れてきた。鶴松は、岩代藩の城主と、そのころ御殿女中であった佐絵との間にできた隠し子で、城主は一度は邪魔者扱いにして追放したものの世継ぎの出来ぬ今は、力づくで連れ戻そうとしていた。
狂四郎は、お家のためには幼い子供の将来をふみにじる武士道に、激しい憤りを覚えた。そんな狂四郎は、以前ふとしたことから斬りすてた伴蔵の妹・おりんにつきまとわれていた。一方岩代藩の江戸家老・菊村外記は、そんな狂四郎の動勢を察して、いちはやく鶴松を捕え、岩代藩随一の使い手・赤石群兵衛を狂四郎にさしむけた。
狂四郎を亡きものにしようと殺意に燃えるおりんは、蛇使いの女・お艶や比丘尼の青華院に色仕掛けで狂四郎を誘い殺そうとしたが果せず、爆薬を狂四郎の持つ提灯に仕掛けた。が寸前、狂四郎はこれを見破った。
一方、狂四郎より一足早く城に辿りついた鶴松は、老臣の娘・綾路の手引きで町はずれの五重の塔に身を潜めた。しかしこれを知った岩代藩の追手に綾路は斬られ、ちょうど通りかかった狂四郎に鶴松を託した。
《ネタバレ反転》
だがそこに、おりんの知せでかけつけた岩代藩の刺客が、人質としたお艶を先頭にしてとりかこんだ。狂四郎は剣を捨て、鶴松への交渉材料として捕虜となった。だが危機一髪、鶴松は刺客の手をかいくぐり剣を狂四郎に手渡した。剣をとりもどした狂四郎必殺の円月殺法がうなり、群兵衛をはじめとする刺客は地にはった。
すべてを終えた狂四郎は鶴松に武士の悲しさを説き、また一人どこへともない旅にでていった。




【解説】
円月殺法を操る虚無の浪人・眠狂四郎の活躍を描く娯楽時代劇シリーズの六作目。今回、眠狂四郎が巻き込まれるのは、岩代藩のお家騒動。ご落胤の少年を助けて、「イイヒト」狂四郎が斬りまくります。今回のお色気担当は、手裏剣の名手に嵯峨三智子、毒蛇使いの女に長谷川待子、狂四郎を誘い寄せる尼僧に若松和子と、人気女優が白い柔肌も露わに艶を競い合っています。ただし、過剰な流血やご都合主義が目について、ちょいお下品な感があるかも。でもまあ、たまに見せる優しい狂四郎も嫌いじゃないですよ。
眠狂四郎炎情剣

『眠狂四郎炎情剣』(1965年・日)

犯すもよし、斬るもよし! 冷たく冴える非情の瞳、キラリと光ったその一瞬!

【スタッフ】
配給/大映
監督/三隅研次
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/財前定生
撮影/森田富士郎
美術/内藤昭
音楽/齋藤一郎
録音/大角正夫
照明/古谷賢次
編集/菅沼完二
スチル/西地正満

【キャスト】
眠狂四郎……………市川雷蔵
檜垣ぬい……………中村玉緒
かよ…………………姿美千子
おりょう……………中原早苗
鳴海屋太兵衛………西村晃
藤堂高敦……………島田竜三
佐治兵衛……………水原浩一
小笹…………………小桜純子
跡部将監……………安部徹
貝塚紋之助…………伊達三郎
加倉井耀蔵…………上野山功一
伝吉…………………守田学

【ストーリー】
冬のある日、眠狂四郎は夫の仇討ちと称する武家の妻、檜垣ぬいに手を貸して一人の浪人を斬った。浪人は今はの際「助太刀すればおぬしの恥」という謎の言葉を残して死んでいった。ぬいは代償にその白い身体を自ら狂四郎にあたえた。
翌日、盃を傾ける狂四郎のもとに役人に追われる伝吉と名乗る男が助けを求めにきた。だが狂四郎は自分に関りのないことと冷く突ぱねた。捕えられた伝吉は“鳴海屋”と口走って去っていった。
ある日、狂四郎のもとに鳴海屋が訪ねてきた。豪商の箱入り娘・小笹に色の道を教えて欲しいというのだ。狂四郎はただちに小笹が生娘でない事を悟り、化けの皮をひんむいた。果して小笹の膚には、くまなく刺青がされてあった。問いつめる狂四郎の前に鳴海屋はことのすべてを白状した。
鳴海屋は藤堂家の江戸家老・跡部将監に脅され、幕府に献上すべき海賊の財宝を横領していた。そしてさらに将監は、財宝の秘密を握る海賊の末裔を一人残らず抹殺しようとしていた。その探索役がぬいだった。この冷酷さを恐れた小悪党の鳴海屋は、将藍と手を切りたいと狂四郎に助けを求めたのだ。
《ネタバレ反転》
鳴海屋は、鳥羽水車の総帥の娘で将藍に狙われる、おりょうの身の上も話して聞かせた。狂四郎はおりょうを南の国へ逃がしてやった。
将藍の魔手は海賊の末裔の一人で、今は守田菊弥と名乗る人気役者をも殺し、鳴海屋で働くその娘・かよをも狙っていた。狂四郎は、まだ世間の汚さも知らぬ清純な少女までも狙う将藍に、激しい憎しみを感じた。
狂四郎は将藍が参列する菩提寺の法要の席に乗りこみ、将藍の罪状を素っ破抜いた。群がる藩士を斬り捨て、将監一味も倒した狂四郎は、かよに将来を諭す。鳴海屋は捕り方に捕まった。
街道を独り行く狂四郎は、すべてを失い縋り寄るぬいを斬り捨て、振り返りもせずに去っていった。




【解説】
シリーズ五作目。前作で固まった作風をしっかり継承。監督・三隅研次のスタイリッシュな映像に、狂四郎のハードボイルドな言動と、もはや「大映狂四郎ワールド」全開です。1作目では苦難のお嬢様的な役を演じた中村玉緒が、本作では色と欲の魔性の女を演じています。また、対する無垢なお嬢様ズが、作品に清涼な風を吹かせてアクセントになっています。クライマックスのチャンバラは永観堂でロケし、曲線を描く臥龍廊を駆け上がり、開山堂へ通じる高みで戦い、色んなアングルで臨場感たっぷり。法塔がのぞき、諸堂の甍が映し出され、遠くに市街も見えており、スタジオでのこじんまりした撮影では出せない大迫力です。
眠狂四郎女妖剣

『眠狂四郎女妖剣』(1964年・日)

惚れさすばかりで惚れず、燃えさすばかりで燃えず、女の肌をせめながら背後の敵を斬る!

【スタッフ】
監督/池広一夫
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/財前定生
撮影/竹村康和
美術/西岡善信
音楽/齋藤一郎
録音/大角正夫
照明/加藤博也
編集/谷口登司夫
スチル/三浦康寛
配給/大映

【キャスト】
眠狂四郎………………………市川雷蔵
小鈴……………………………藤村志保
びるぜん志摩…………………久保菜穂子
巫女青蛾………………………根岸明美
お仙……………………………春川ますみ
陳孫……………………………若山富三郎
鳥蔵……………………………小林勝彦
武部光源………………………中谷一郎
室屋醇堂………………………浜村純
中ろう藤尾……………………阿井美千子
菊姫……………………………毛利郁子
備前屋徳右衛門………………稲葉義男
利倉屋与兵衛…………………水原浩一
易者……………………………伊達三郎
下曽我典馬……………………浜田雄史
守田粂次………………………南条新太郎
牢屋敷同心……………………寺島雄作
小谷己之助……………………杉山昌三九
藤波大和………………………浅野進治郎
水野忠成………………………玉置一恵
守山行次郎……………………沖時男
寺男……………………………藤川準
牢屋敷目付……………………木村玄
手先きの男……………………西岡弘善
岡っ引…………………………森田健二
中ろう綾路……………………谷口和子
美乃……………………………高森チズ子
狂四郎の父親…………………ビアガ・ラスモセン
ヨハネス・セルディニイ……クー・バイチュク

【ストーリー】
眠狂四郎はある朝、浜町河岸に横たえられた全裸の美女二人の死体を見た。鳥蔵と名乗る男は、それが大奥の中臈・綾路と、お半下女中・美乃であると狂四郎に告げた。だがその烏蔵は、隠れ切支丹の罪で役人に捕えられた。
この頃江戸では、豪商備前屋が金の力を武器に、老中・水野忠成を抱き込み、大奥の女達に秘かに阿片を送っていた。浜町河岸の死体は、残忍な菊姫に麻薬責めにされ殺されたのだった。そして菊姫は鳥蔵の妹小鈴に、兄を救う手段と称して、牢内のバテレン、ヨハネス・セルディニイを誘惑させた。しかし、約束は守られず、鳥蔵は殺され、小鈴は自殺して果てた。
狂四郎は、鳥蔵が死ぬ間際に、浜松へ「びるぜん志摩」という狂四郎と血のつながる女がいると聞かされ、浜松へと旅立った。途中、狂四郎は、備前屋の刺客の襲撃や、情慾のとりこになった巫女の誘惑を受けたが、愛刀・無相正宗が退けた。
大井川で足どめされた狂四郎は、妖艶な鳥追い女と旅篭に入った。女と酒を飲んだ狂四郎は、目がかすむを覚えた。女は、狂四郎の目をつぶすために使わされたのだった。狂四郎は、女をそそのかした刺客を撃退する。
再び浜松に向った狂四郎は、隠れ切支丹に案内されて舟小屋で、びるぜん志摩に会った。狂四郎は自分との関係を彼女に問うが答えない。その舟小屋に集まってきた隠れ切支丹たちを役人が捕縛する。その騒ぎを見て舟小屋の外に脱出した狂四郎たちは、菊姫の配下・武部光源に襲われ、志摩は海上につれ去られた。
《ネタバレ反転》
武部を倒し、小舟で備前屋の密貿易船にたどり着いた狂四郎は、備前屋とその配下を斬り、宿敵・陳孫との念願の一騎打ちとなった。死闘の末、陳孫は海に飛び込み退散する。
舟倉でびるぜん志摩に会った狂四郎は、志摩が備前屋のまわし者で切支丹になりすましては、信徒を売っていたこと、狂四郎を船にひき寄せるため配下にさらわれたことを知った。妖艶な表情に変った尼僧は、色と金で狂四郎を誘った。そして狂四郎の出生の秘密について語る。
転びバテレンに黒ミサの生け贄として犯された武家の娘から産まれたのが狂四郎だと言うのだ。母は自害し、遺された狂四郎の乳母となったのが志摩の母であった。さらに色で誘う志摩を狂四郎の剣は一刀のもとに斬った。何故と問う志摩に狂四郎は「平気で斬れる。無頼の徒さ」と言い残し、立ち去るのだった。




【解説】
眠狂四郎の出生の秘密が明かされる、シリーズ中でも重要でターニングポイントともなった、抜群の面白さを誇る第4作です。初のヌードの藤村志保、根岸明美の淫乱さ、毛利郁子の怪奇風、春川ますみのパワーお色気、久保菜穂子のシスター姿など、エロチシズムと猟奇趣味を前面に押し出して大ヒットしました。隠れキリシタンの処刑場に狂四郎が斬り込むシーンの絶妙のカメラワーク、大小二刀による見事な居合いと、剣戟アクションも充実し、第1作以来の宿敵・陳孫との死闘などアクション・シーン満載しています。「円月殺法」の描写も、ストロボ撮影で残像をひきつつ回るバージョンにカッコよく進化しています。
眠狂四郎円月斬り

『眠狂四郎円月斬り』(1964年・日)

女も頂く、命も貰う! 愛を知らず、情けを知らず、冴えて冷酷、円月殺法!

【スタッフ】
監督/安田公義
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/辻久一
撮影/牧浦地志
美術/加藤茂
音楽/齋藤一郎
録音/大谷巖
照明/岡本健一
編集/菅沼完二
スチル/西地正満

【キャスト】
眠狂四郎……………市川雷蔵
おきた………………浜田ゆう子
小波…………………東京子
太十…………………丸井太郎
片桐高之……………成田純一郎
寄居勘兵衛…………植村謙二郎
むささび伴蔵………伊達三郎
山崎屋伝右衛門……水原浩一
水野忠成……………佐々木孝丸
目明し弥吉…………南条新太郎
おてつ………………毛利郁子
お花…………………美吉かほる
お六…………………若杉曜子
松女…………………月宮於登女
正木要………………原聖四郎

【ストーリー】
将軍家斉の庶子・片桐高之は、母・松女の野望に駆り立てられ、次期将軍の座を狙っていた。ある日、高之は新刀の試し斬りに川原の難民溜まりへでかけ、飢饉で地方から避難して来た百姓の老人を斬り殺した。ちょうどそこを通りかかった眠狂四郎はそれを目撃するが、老人の仲間からは誤解されて憎しみを受け、また高之からも狙われることになった。
そんな狂四郎はある日、高之の使いの腰元・小波の迎えを受け、川舟へ案内された。そこで狂四郎は仕官をすすめられ、さらに愛刀「無想正宗」を所望されたが拒絶し、高之の側近の剣客・戸田の右腕を斬り落して立去った。
小波は豪商・山崎屋伝右衛門の娘で、伝右衛門は小波に未来の将軍御台所の夢を托し、高之に経済的な援助を与えていた。そんな小波を高之も愛し、妻に迎える約束を交していた。狂四郎は高之の邸に忍び入り、小波を寝室に襲って犯した。
狂四郎への憎悪に燃える小波は、片桐家に恩義をこうむる剣客・寄居勘兵衛を狂四郎の許へ送った。しかし狂四郎は勘兵衛の人物を惜しみながらもこれを倒した。さらに高之は死刑囚むささびの伴蔵を釈放して狂四郎を倒そうとした。伴蔵の手裏剣と高之配下の剣士たちの殺陣をきり抜けた狂四郎は、そこで憎悪に燃えた小波を見た。
《ネタバレ反転》
一方、高之のために試斬りにされた老人の忰・太十は、復讐のために小波をさらったが、それを知った高之に、逆に捕われの身となってしまった。駆けつけた狂四郎は、太十の命と引換えに無想正宗を高之に与え、自ら捕われの身となった。しかし狂四郎を憎みながらも女として愛すようになっていた小波に刀を渡された狂四郎は牢を脱出し、向柳原の橋上で高之と対決した。炎に包まれる橋上に狂四郎の剣が円を描き、倒れた高之は焼け落ちる橋とともに崩れ落ちた。



【解説】
シリーズ三作目。眠狂四郎の持つ名刀・無想政宗をめぐる闘争を描く。炎上する橋の上での立ち回り、崩壊する馬小屋などスペクタクルシーン満載。名刀に目のない殿様、大奥への野望を抱く豪商の娘、川原で暮らす貧しい人々、江戸情緒などの社会背景もじっくりと描かれて、時代劇としての完成度は高いです。元芸者役の浜田ゆう子、御殿女中役の東京子など美女たちがお色気たっぷりに競演して、目を楽しませています。一方、男優陣がノンスターで作品自体が地味な印象であり、次回作『女妖剣』で確立するシリーズ路線へのステップボード的な扱いを受ける、出来の良い割りにはとても惜しい作品ですね。
眠狂四郎勝負

『眠狂四郎勝負』(1964年・日)

斬るには惜しい相手だが……勝負は一瞬、鮮血飛んで冷たく冴える円月殺法!

【スタッフ】
監督/三隅研次
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/辻久一
撮影/牧浦地志
美術/内藤昭
音楽/齋藤一郎
録音/奥村雅弘
照明/山下礼二郎
編集/菅沼完二
スチル/藤岡輝夫
配給/大映

【キャスト】
眠狂四郎………市川雷蔵
采女……………藤村志保
つや……………高田美和
高姫……………久保菜穂子
増子紋之助……成田純一郎
神崎三郎次……丹羽又三郎
榊原喜平太……五味龍太郎
海老名良範……戸田皓久
赤座軍兵衛……浜田雄史
朝比奈伊織……加藤嘉
白鳥主膳………須賀不二男

【ストーリー】
愛宕神社の階段で、足腰の弱い参拝者の補助をして暮らす少年。少年の父は江戸で評判の道場主であったが、無頼の道場破り・榊原に殺されて道場を奪われ、少年は境内の茶屋で寝泊まりしながら独り生きていたのだった。眠狂四郎はたまたま知り合った老侍を立会人に、榊原を少年の父の流儀で打ち殺す。
その夜、居酒屋で老侍と酒を酌み交わす狂四郎。別れを告げて先に店の外に出た老侍は、赤座軍兵衛と名乗る侍に襲われる。愛嬌があって風采のあがらないその老侍が、朝比奈伊織という勘定奉行の職にある硬骨漢と聞いて、助けに入った狂四郎は興味を唆られた。
狂四郎の耳には幾つかの興味ある事実が入った。将軍徳川家斉の息女・高姫は堀家に嫁ぎながら、早くから夫を失い奔放で驕慢な生活をしていること、そして、用人・白鳥主膳は札差、米問屋などに賄賂とひきかえに朝比奈の抹殺を命じていること。又、赤座軍兵衛も朝比奈を狙っていること、等々。
ある日、朝比奈という人間に興味が湧き、勝手に警護していた狂四郎に榊原の弟・喜平太が襲いかかる。そこに遊楽帰りの高姫の行列が通りかかり、橋の下に移動しながら戦う二人。狂四郎はわざと、橋の上の高姫の駕篭に喜平太の槍が向かうように仕向け、駕篭は橋の下から串刺しとなった。高姫に怪我はなかったが、屋敷に戻り怒る姫に主膳が朝比奈の企みだろうと吹聴する。そして朝比奈の命を奪えと命ずる高姫に、策を講じていると告げるのだった。
主膳の元に、よりすぐりの殺人者が揃った。赤座軍兵衛、増子紋之助、榊原喜平太、海老名良範。隠れキリシタンの罪で囚われている夫を救うため、占い師に身をやつした女・采女が連絡係として加わっていた。動機も武術も異る五人は、狂四郎の身辺に危害を加えようと立ち廻った。
ある日、采女の妖しい魅力にひきつけられた狂四郎は飲んだ茶に毒を盛られ意識を失う。狂四郎は両手を縛られ、高姫の褥の傍に据えられた。動けぬ狂四郎を前に迫る高姫。狂四郎は彼女を罵倒し、騒ぎに飛び込んできた増子の手裏剣を逆に利用して彼を倒し、屋敷を脱出するのだった。
《ネタバレ反転》
その後も手をかえ品をかえて迫ってくる殺人者を、ことごとく退ける狂四郎。全てを失敗した主膳は、狂四郎と柳生但馬守との御前試合を計画した。狂四郎の刀に細工をし、抜けた白刃が朝比奈の胸を突くという陰謀だった。
試合当日、冷い眼をすえる高姫の前で、抜けた狂四郎の白刃が貫いたのは主膳の一味の豪商・大口屋だった。勝手な御前試合を将軍に叱責され田舎での謹慎の沙汰を受けた高姫は、己の敗北を認めた。その口からは、思わず浪人・狂四郎を慕う言葉がもれた。一方、尚も諦めない主膳は、采女を囮りに狂四郎を狙っていた。殺気をはらむ武蔵野の枯野原を舞台に、対決の時は刻一刻と迫まっていった。
十字架に縛り付けられた采女の元に駆けつけようとした狂四郎を、無数の矢が襲う。くぐり抜け采女を救い出した狂四郎を主膳とその配下、そして赤座と海老名が襲うが、必殺の円月殺法がひらめいた。
死線をくぐり抜けた狂四郎に、駆けつけた朝比奈は落ち着いた生活をするように勧めるが、「あんたという人間がやっと分かった。考え方が違うんだ。そんなことを言われると、あんたが嫌いになる」と狂四郎は、もはや朝比奈に興味はなかった。生き残った采女をじっと見詰める狂四郎。その瞳に始めから夫は殺されていたと悟る釆女を残し、朝比奈の呼ぶ声も無視して、狂四郎は立ち去るのだった。




市川雷蔵の大ヒット・シリーズ第2作目。幕政改革を目指す頑固者の老勘定奉行を狙う刺客たちと、眠狂四郎との闘いを描いています。好々爺然とした加藤嘉が演じる勘定奉行・朝比奈のキャラが秀逸です。お節介で冴えない風貌で愛嬌のある老人だが、幕政を正そうという使命感に燃える硬骨漢の頑固なおじいちゃんという、柄にはまった儲け役を楽しそうに演じていて、虚無の悽愴を生きる男・眠狂四郎に一時の人間らしさを与えます。1作目の作品世界の構築の失敗から復活してシリーズの軌道修正を成し遂げ、「原作を改変しない」という制約から外れることを原作者・柴田錬三郎に納得させた好編。眠狂四郎のキャラクターとシリーズの方向性を決定付けた評価の高い作品です。
眠狂四郎殺法帖

『眠狂四郎殺法帖』(1963・日)

宙に円月を描けば鮮血一条! 一瞬、地上に崩れ落ちる六つの影!

【スタッフ】
監督/田中徳三
脚色/星川清司
原作/柴田錬三郎
企画/辻久一
撮影/牧浦地志
美術/内藤昭
音楽/小杉太一郎
録音/奥村雅弘
照明/中岡源権
編集/山田弘
スチル/藤岡輝夫
配給/大映

【キャスト】
眠狂四郎……………市川雷蔵
千佐…………………中村玉緒
陳孫…………………若山富三郎
金八…………………小林勝彦
芸者歌吉……………扇町景子
常盤津文字若………真城千都世
前田宰相斉泰………沢村宗之助
銭屋五兵衛…………伊達三郎
捨丸…………………高見国一
僧空然………………荒木忍
窯元蔵六……………南部彰三
根来竜雲……………木村玄
お美代の方…………美吉かほる
船宿の女将…………橘公子
無頼漢A……………藤川準
無頼漢E……………志賀明
江戸の若い衆A……滝川潔
無頼漢D……………大杉潤
無頼漢B……………西岡弘善
江戸の若い衆B……布目真爾
無頼漢C……………黒木英男

【ストーリー】
虚無の陰を、その相貌に濃く浮かべる異相の浪人・眠狂四郎(市川雷蔵)が大川端の船宿・喜多川に赴く途中、手裏剣の襲撃を受けた。襲撃者は伊賀者の一群。「誰に頼まれた。やめろ、俺に剣を抜かせるのは。もう一度言う。やめろ。抜いたらうぬら、全部命がねえぞ」斬り掛かる刺客たちを、ひらめく刃が倒したものの、槍丸(高見国一)という忍が逃れ去った。狂四郎の子分を自任するスリの金八(小林勝彦)が検分しに行くと、伊賀者たちの死体は消えていた。
常盤津師匠・文字若(真城千都世)宅の離れに居候する狂四郎は、加賀前田藩の奥女中・千佐(中村玉緒)の訪問をうけ、命をつけ狙う唐人・陳孫(若山富三郎)から護ってくれと依頼された。何者かからの文で指定された清香寺に出向いた狂四郎は、意外にも陳孫から千佐が前田藩の間者であることを知らされた。踊らされたと怒った狂四郎は、千佐を前に前田藩のからくりを暴いた。
すなわち、前田藩主は豪商・銭屋五兵衛(伊達三郎)と組んで大規模な密貿易を働いて巨万の富を築いた。しかし公儀への発覚を恐れて銭屋一族を抹殺し、復讐を企む銭屋の仲間だった少林寺拳法の継承者・陳孫を排除するために、狂四郎に近づけたというのだ。すべてを見破られた千佐は、忠義のために身を捨てて狂四郎を誘惑しようとしたが、狂四郎はすげなく断る。死のうとする千佐を狂四郎は止めた。「俺は人間という人間に腹を立てている男さ。その癖、俺も人間なんだ・・・そなた、不幸な育ち方をしたのではないか。俺はな、不幸な育ちの者だけが持ってる陰が分かるんだ。俺の育ちが、俺のひねくれた根性がそれを教えてくれる。そうか、そなたも孤児か」狂四郎の胸の内は唯人間を道具として利用する者たちへの憤りだけがあった。
再び陳孫に誘われて河口迄来た狂四郎を、死んだはずの銭屋五兵衛が待っており、金を積んで協力を要請してきた。狂四郎の虚無な眼はそれを断ったが、予期していた陣孫は千佐を拉致して、加賀に去った。
前田藩主にバカ気た茶番の決着をつけるよう迫る狂四郎は、江戸から金沢へと旅立った。金沢には、千佐の出現以来、狂四郎につきまとう槍丸が千佐の居場所をつきとめて待っていた。
《ネタバレ反転》
陳孫の許を脱出した千佐は九谷焼を営む蔵六(南部彰三)の家に身を寄せて狂四郎を待っていた。捨丸は更に、前田家の命運を左右する、密貿易に絡む文書を秘めた碧玉の仏像の所在を探っていた。
槍丸の情報によって銭屋を追い詰める狂四郎は銭屋の拠点である貿易船に忍び込み、重要文書の納められた手文庫を奪取した。迎え撃つ陳孫と狂四郎の円月殺法の一騎打ちは陳孫が負けを認め、狂四郎の命令で陳孫は再戦を約束してこの一件から身を引いた。
狂四郎は手文庫の中身である、千佐の出生の秘密を彼女に語った。前田侯は千佐の実父であり、母は出家しているという。今まで使用人として育てられた恩を感じていた千佐は、実の娘さえも道具とする父に激しく懊悩した。
北の海に面した砂丘の尼寺に馳けつけた千佐と狂四郎が見たのは、銭屋五兵衛に碧玉仏を奪われ、絞殺された尼僧の姿だった。すべてを失った五兵衛は、碧玉仏の文書に妄執を抱いていたのだ。円月殺法と銭屋の拳銃の対決。銭屋の弾丸は外れ、狂四郎の刃が銭屋を切り裂いた。だが、銃弾は千佐を貫いていた。悲劇の元凶となった仏像を、狂四郎は激しくうち寄せる波間に叩き付けた。「この石の塊は、俺の中にあった宝を微塵に砕いたのだ。もうこの世に美しいものはないのか・・・どこにあるんだ!」




柴田錬三郎の小説の映画化作品であり、市川雷蔵の代表作『眠狂四郎』シリーズの第一作。柴錬の作風を貫くダンディズムと、世相を反映したニヒリズムが融合した特異なキャラクターが活躍する異色時代劇です。悪魔に身を売った神父である「転びバテレン」と、黒ミサの生け贄の日本人女性との混血という出自で、平然と人を斬り捨てる冷酷さを持ち、虚無感を抱きつつ「円月殺法」という邪険を用いての無敵の活躍が受けて、剣豪ブームを巻き起こしました。映画化の企画を出した田中徳三が監督して制作がスタートしましたが、事件ものにはするなと言っていたにもかかわらず星川清司の書いた脚本は事件ものだったけど、直す時間がなくて結局そのまま撮影に入ったということです。演じる市川雷蔵も手探り状態で、演じるほうも撮るほうも掴みきれず、完全に失敗作だったと田中徳三は語っています。もともと連載時に前後の事件とは関係なさそうな事件が積み重なっていき、最後に決着がつくという散文的な作品なので、その雰囲気を映画でも狙っていたのでしょう。とはいえ面白くないかというと、そうではありません。冷たく冴え渡った美しい相貌に虚無の陰を映し、キザで深いセリフとスッキリした姿がバッチリ決まっている市川雷蔵は役柄にぴったりとはまっていて、一代の当たり役といえましょう。
明智光秀〜神に愛されなかった男〜

『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』(2007年・日)

【スタッフ】
脚本/十川誠志
演出/西谷弘
音楽/菅野祐悟
撮影/津田豊滋
制作協力/映像京都
企画/石原隆
プロデュース/保原賢一郎 、重岡由美子、西岡善信(映像京都) 、西村維樹(映像京都)
放映/フジテレビ

【キャスト】
明智光秀・・・・・・・・・唐沢寿明
木下藤吉郎(羽柴秀吉)・・柳葉敏郎
ひろ子・・・・・・・・・・長澤まさみ
明智秀満・・・・・・・・・大泉洋
丹羽長秀・・・・・・・・・本田博太郎
柴田勝家・・・・・・・・・隆大介
滝川一益・・・・・・・・・矢島健一
竹中半兵衛・・・・・・・・山崎銀之丞
蜂須賀小六・・・・・・・・高杉亘
森蘭丸・・・・・・・・・・浅利陽介
佐久間信盛・・・・・・・・藤井康次
中川重政・・・・・・・・・平賀雅臣
たま・・・・・・・・・・・佐々木麻緒
茂・・・・・・・・・・・・松本妃亜羅
堀秀政・・・・・・・・・・伊藤英明
足利義昭・・・・・・・・・谷原章介
おね・・・・・・・・・・・小西真奈美
織田信長・・・・・・・・・上川隆也

光秀はなぜ信長を討たねばならなかったのか? その時、彼の胸中にあったものとは・・・

【ストーリー】
天正10年(1582年)、明智光秀の居城の坂本城が羽柴秀吉の大軍に包囲された。城には光秀の妻のひろ子がいた。死を目前に控え、ひろ子は夫の光秀のことを思い返していた・・・。
織田信長が足利義昭を擁して上洛。義昭を信長に引き合わせた浪人の光秀は織田家の武将に取り立てられた。光秀は信長と義昭の二人に仕える立場となり、織田家の家臣からは「二足わらじ殿」と白眼視されるが、信長は光秀の才能を認めて重用する。光秀は木下藤吉郎とともに京奉行に任じられるが、生真面目な光秀はひょうきん者の藤吉郎が気に入らない。妻のひろ子が二人の娘とともに京に上り、共に暮らせるようになった。戦に明け暮れる光秀にとって、妻子と過ごす時間だけが安らぎとなった。
三好三人衆が義昭の御所の本國寺を襲撃するが、光秀の見事な采配でこれを撃退した。信長は越前国の朝倉義景を攻め、金ヶ崎城に入る。朝倉氏を滅ぼすのも目前と思えたその時に近江国の浅井長政が裏切り、信長は絶体絶命の危機に陥る。柴田勝家は朝倉の篭城している城を攻めて3万の勢力を篭城させる案を出したが、光秀は越前は寒く兵士が凍えて士気が落ちるとの事から撤退を進言し、信長はこれを容れる。藤吉郎は殿(しんがり)を志願、朝倉方は五万の大軍で生きて帰ることはまずできない。織田軍は殿の藤吉郎を残して全軍撤退。藤吉郎は必死で戦うが、全滅は必至だった。そこへ光秀が現れて藤吉郎を救う。光秀と藤吉郎の間に友情が芽生えた。
浅井の裏切りは義昭の策謀だったことが明らかになる。光秀は義昭を見限る。光秀は信長だけが戦乱の世を治め、戦のない国をつくることができると信じていた。信長の天下布武のために力を尽くそうと決意する光秀だが、信長は光秀に比叡山焼き討ちを命じた。しかし光秀は自らが仏教徒なため拒否するが致し方なく攻める事となる。比叡山は根本中堂を3つの峰に持っていて、それぞれに5000の僧兵を配備しているとの事から、根来衆に南蛮火薬を持たせ、根本中堂を攻撃させる。藤吉郎だけは謀反の噂を聞いた為今浜に行くが、それは光秀の策略で藤吉郎が行っている間に比叡山を攻撃する。比叡山が落ちた後、光秀は近江国・坂本城主となる。
《ネタバレ反転》
藤吉郎は羽柴秀吉と改名する。秀吉と今後の信長の政策を話すが未来が見えない為、光秀は秀満とともに謀反を起す事にすると同時に信長の死に挙兵するであろう秀吉に自らが討たれる事によって秀吉に天下を獲らせて戦のない世の中への布石になろうと決意した。本能寺に駐留していた信長を突如襲撃して自害に追い込み、光秀は山崎の戦いで秀吉と対峙。お互いに長銃を持って戦いに挑んだが、光秀はわざと的を外して撃たれ、秀吉に未来を託して息絶えた。そして、ひろ子と秀満も落城寸前の坂本城と運命を共にした。


逆臣とされている明智光秀を主人公としたドラマ。生真面目な光秀の心の葛藤と本能寺の変へ至る道を描いています。主人公の明智光秀役の唐沢は2002年の大河ドラマ『利家とまつ』で前田利家役で主演(2006年の大河ドラマ『功名が辻』でも同じ役)を、上川は2006年の大河ドラマ『功名が辻』で山内一豊役で主演を務めており、この二人の対決が見所です。特に上川の狂気をはらんだ織田信長の演技は、普段の実直な役柄とは逆でなかなか良いです。私は実際、天皇家消滅を狙う織田信長を、天皇の忠臣・明智光秀が討ったと思っているので、こういう描き方は嫌いではありません。
とはいえ、難を言えば、歴史考証は正確ではありません。特に、光秀の死についての悲劇性を際立たせることを狙った演出で、終盤の山崎の戦いと光秀の死は史実とはまったく異なっています。まあ、その脚色部分はドラマ終了時に「フィクション」であると明示しているので良いですが、これが史実だとは間違っても思っちゃいけません。エンタテインメントですからね。
戦国野郎

『戦国野郎』(1963年・日)
監督/岡本喜八
脚本/佐野健、岡本喜八、関沢新一
製作/田中友幸
撮影/逢沢譲
美術/植田寛
音楽/佐藤勝
録音/渡会伸
照明/小島正七
スチル/吉崎松雄
配給/東宝
出演/加山雄三、中谷一郎、佐藤允、長谷川弘、田崎潤、星由里子、中丸忠雄、水野久美、滝恵一、江原達怡、砂塚秀夫、天本英世、中山豊、二瓶正也、小川安三、田島義文、大木正司、鈴木治夫、堤康久、山本廉、草川直也、沢村いき雄、伊原徳、岩本弘司、上村幸之

鉄砲300挺を奪うは武田か織田か? 天下に嵐を呼ぶ忍者愚連隊!

時は戦国、武田勢の冷酷無残な仕打ちに愛想をつかした若き忍者・越智吉丹(加山雄三)は、一国一城の主の夢を抱いて諸国をさまよったが、この吉丹を武田随一の忍者・雀の三郎左(中丸忠雄)がつけ狙っていた。
三郎左とは別に吉丹を狙っていた銅子播磨(中谷一郎)と吉丹は、ふとめぐりあった山猿のような田舎武士にすすめられ、馬借隊の群に身をかくすこととなった。
馬借隊とは、有吉宗介(田崎潤)を隊長に、お磯ことさぎり(星由里子)が指揮し、米や塩を運ぶことを職業としていた。この馬借隊に当時の最新式武器“種ケ島”の運搬をたのみに来たのが例の田舎武士、実は織田家の家臣・木下藤吉郎(佐藤允)だった。
藤吉郎のたくみな弁説に有吉の一党はこの運搬をひきうけた。また藤吉郎は村上水軍の参謀・百蔵(滝恵一)と滝姫(水野久美)を口説きおとしてこれまた運搬を約束させた。
種ケ島が運び込まれた日、村上水軍の船に武田の忍者が襲いかかったが、荷の中味は石コロだった。
《ネタバレ反転》
一方、有吉の一党も荷を積んで出発した。これを追う武田の忍者たち、そして更にだまされたと知ってこれを追った村上水軍たち。随所ではげしい戦いが展開され、ついに武田の忍者のため全滅しようという時、蜂須賀小六(長谷川弘)を率いた藤吉郎が現われた。
そして荷の中味はニセモノで、ほんものはすでに小六たちが運んだという。
これを知った吉丹は、藤吉郎の他人を利用するやりくちが嫌になった。藤吉郎のとめるのも聞かず、吉丹はさぎりとともに平原の彼方に消えていった。


岡本喜八節炸裂のスペクタクル・コミカル・アクション時代劇。喜八組の佐藤允、中谷一郎らに加え、加山雄三、星由里子などの青春スターががっぷり組んで、現代劇のような明朗・軽妙な掛け合いがとても楽しい作品です。爽やかな若手組とは別に、ベテラン勢はどいつもこいつも胡散臭い感じが、旧ルパン三世のようなオチャラケと冷酷さが同居した、独特な雰囲気を醸し出しています。娯楽時代劇として、文句なしの面白さです。

Click here and go to Amazon

『丹下左膳余話 百萬両の壺』 (1935・日活)
監督/山中貞雄
脚本/三村伸太郎
製作/日活京都撮影所
音楽/西悟朗
主題歌/東海林太郎『丹下左膳の唄』
撮影/安本淳
編集/福田利三郎
出者/大河内傳次郎、喜代三、宗春太郎、山本礼三郎、高勢実乗、鳥羽陽之助、花井蘭子、深水藤子、阪東勝太郎、磯川勝彦、鬼頭善一郎、清川荘司、高松文麿、伊村利江子、達美心子、沢村国太郎

隻眼隻腕のヒーロー丹下左膳の活躍を描いた時代劇。柳生家の家宝「こけ猿の壺」を巡る騒動を描く。

江戸時代、柳生藩に衝撃的な知らせが入る。柳生藩に隠し財産あり、ならば日光普請で散在させようと決まった、と。寝耳に水の藩主に長老は「もしもの時のため、御先祖の隠し財宝あり、在処は『こけ猿の壷』に塗り込めてある」。なんと先日、婿養子に出た弟・源三郎(沢村国太郎)に、引出物として二束三文のこけ猿の壷を贈ったのだが、それが百万両もする値打ち物だったことが分かったのだ。藩主は慌ててそれを取り戻そうとする。
ところが、源三郎はそうとは知らずにその壷を屑屋に売り払ってしまった。その後、壷は屑屋の隣に住む子供・ちょい安こと安吉(宗春太郎)の金魚入れになった。柳生藩の使いは、壷探しに奔走することになった。
一方、美人な女将・お藤(喜代三)が切り盛りする小さな射的屋。そこには片目片腕の用心棒・丹下左膳(大河内傳次郎)が居候していた。くしくもそこに安吉の父親が出入りしていた。ところが、ヤクザに因縁をつけられて彼は刺し殺されてしまう。左膳と女将は天涯孤独になった安吉を預かる事になったが、その際も一悶着。「あんな小汚い子、アタシゃ引き取るなんかご免だよ。アンタ断って」「オメェが言えよ、オラぁ、イヤだい!」「アンタ言って!」「ヤだい!」「アンタ言ってったら!」「ヤだい!」気がつけば、安吉に甘々なお藤がいた。
ある日、射的屋に源三郎がやって来る。彼は実家の使者を問いつめて「こけ猿の壷」の秘密を掴んだ……のだが、毎日「江戸は広い。屑屋も星の数だ。百年かかるか二百年かかるか……」と、悲壮な顔を新妻に励まされて屋敷を出るも、実は家人から見えなくなると、意気揚々と遊びに向かうのだった。源三郎と左膳は意気投合し、何も知らずに壷を持った安吉や左膳たちと交流を重ねていく。



百万両の壷を巡って繰り広げられる下町人情劇。『丹下左膳』という戦前のキャラは、実は剣に取り憑かれたニヒルで不気味な悪漢という、ダークで陰惨なキャラだったのです。世情不安な時代の鬱憤を晴らすような、反体制で道徳も無視して大乱闘に至る滅びの美学を体現し存在だったのでした。そこに現れたこの衝撃的(?)な一作。いきなり左膳が「イヤだい、ヤだい」とダダを捏ねるのに呆然。それまでは陰惨なキャラだったのが、まるで上質なハリウッド・コメディのようなモダンで明るい和製ホーム・コメディになっています。お藤役に歌手の喜代三を登用、屑屋役の高勢実乗、鳥羽陽之助の凸凹コンビでコミカルさを加えるほか、虚無的な左膳のイメージを廃して根っからの好人物に変え、大河内傳次郎の喜劇俳優の才能を見事に引きだしています。省略やカット割りにモダンなギャグ、スピーディな展開と、監督の才能は素晴らしい。若くして戦場に散った「山中貞雄監督」の現存する三本のうちの一本ですが、戦後公開版でGHQの検閲によるカット・編集がされているのが残念。
赤垣源蔵 討ち入り前夜

『赤垣源蔵 討ち入り前夜』 (1938・日活) BW
監督/池田富保
脚本/滝川紅葉
撮影/吉見滋男
音楽/白木義信
出演/阪東妻三郎、市川小文治、原健作、市川百々之助、香川良介、磯川勝彦、志村喬、田村邦男、尾上桃華、長田仁宏、花柳小菊、大倉千代子、中野かほる

酒に溺れ、親類からも蔑まれた浪人。彼が告げた別れの真相は……。


赤穂の浪人・赤垣源蔵(阪東妻三郎)は兄の塩山伊左衛門(香川良介)の家に居候をしていた。だが、1日中酒を呑んでゴロゴロ寝ている有様で、義姉(中野かほる)をはじめとして、奉公人からも疎ましく思われ、馬鹿にされていた。隣家の幼なじみ千鶴江(花柳小菊)だけは、源蔵に恋心を抱いていたが、彼はそしらぬふりをしていた。
ある日、源蔵は大石内蔵助の密書を持つ、かつての知り合いの二人連れを敵から救う。その後、源蔵は家を出て長屋住まいするが、生活は昔のままのぐうたら三昧だった。千津江が長屋にやって来ては世話を焼くが、源蔵はのらりくらりとしている。
千津江が、父が縁談っを持って来たと、源蔵に告げる。源蔵は盛大にお祝いを言い、うなだれた千津江は去っていった。一人の部屋で、源蔵は涙をこらえた。千津江は、縁談の相手の家に、嫁に行った。
12月14日、雪の降る中を、源蔵が久しぶりに兄の家を訪ねてきた。西国の藩に仕官がかなったので、遠国でもあり今生の別れの挨拶に来たという。だが、兄は不在だった。義姉は持病の癪で寝ていると、仮病を使う。奉公人たちも、近寄ろうとはしなかった。幼い兄の子にも、「帰れよ、酔っぱらい」と罵倒された。源蔵は、じっと兄を待っていた。
夜になり、源蔵は兄の羽織を借りて、衣桁にかけた羽織を相手に酒を呑み始める。兄との思い出、かけた厄介を羽織りに語りかけ、やがて両手をついて別れの挨拶をした。
源蔵が帰ったあと、兄・伊左衛門が帰宅した。奉公人から源蔵の来訪の目的、奥方の仮病、邪険なもてなしの報告を受けた伊左衛門は、妻へ語る。
「これは、奥を責めているのではないぞ。あれも、小さな頃から養子に出され、数々の苦労をしてきた。また、主家が滅び、浪々の辛酸をも嘗めてきた。少しの酒がどうだというのだ。この世でたった二人の兄と弟、儂はあれが可愛くて、可哀想でならない。普段から奥は、あれを邪険にしていたな。奥の態度は子へと伝わり、奉公人どももそれに倣い、どれだけあれの心をさいなみ、針のむしろであったろう。聞けば、今生の別れを告げに来てくれたとか。せめて姉ともいえる奥のみでも、あれに優しくしてくれていたら、どんなにか暖かい心で旅立てたことか、それが不憫でならない」と切々と語るのに、自分の不明を恥じて泣き崩れる奥方。伊左衛門は、寂しく帰っていったという弟に思いをはせた。
[ネタバレ反転]
その頃、赤穂浪士の一団は、吉良上野介邸へと討ち入っていた。
翌早朝、江戸の町は大いに騒がしかった。塩山家でも、何事かと下男を走らせる。下男は驚くべき報せを持って来た。赤穂の浪人の一団が吉良邸へ討ち入りを果たし、見事に本懐を遂げたと。そして赤穂の義士たちのなかに、源蔵の姿があったというのだ。今までの姿はすべて、討ち入りまで敵の目をあざむく、擬態だったのだ。
源蔵の快挙を祝福する兄一家をよそに、赤穂義士の一行を見送る群衆のなかに、頭巾で顔を隠した千津江の姿があった。涙の浮かぶ目は、源蔵を追っていた。義士一行が歩く側を、一緒になって歩いていった。雪道に足をとられ、歩きにくい下駄を脱ぎ捨て、裸足でどこまでも歩いていった。


浪曲や講談などでおなじみの『赤垣源蔵 徳利の別れ』の映画化。主役の赤垣源蔵を、阪東妻三郎(バンツマ)が情感豊かに演じています。全体的に軽やかでコミカルな、現代的な台詞回しやら演出が見受けられて、前半はコメディ風な展開です。この作品は、見て泣かない人間はいないんじゃないかな、と思います。特に、兄の羽織りを相手にしての別れの挨拶の場面は、溜まりません。ぜひとも、DVD化してほしい作品です。

※VTR廃盤/未DVD化     ※画像は別作品
忠僕直助
忠僕直助 [VHS]

『義士外伝 忠僕直助』 (1939・日活) BW
監督/国木田三郎
原作/江戸川浩二
脚本/江戸川浩二
撮影/松村禎三
出演/原健作(健策)、市川正二郎、尾上菊太郎、深水藤子、志村喬

元禄8年、播州赤穂。藩主・浅野長矩に仕える岡島八十右衛門(尾上菊太郎)は、城内でも書画骨董の鑑定に精通していて、その分野ではとくに重宝がられていた。折りしも、家老・大野九郎兵衛(瀬川路三郎)は長矩に一枚の高名な歌人の色紙を手に入れ差し出す。その真贋の鑑定のため、岡島は長矩に呼ばれるのだが、人払いをさせてその品が贋作ものだと判定する。
岡島は「家老・大野様もお知りにならないでの事だろう」と庇護して置いたが、その判定に恥をかかされた大野はその事を遺恨に思う結果になる。主君の前からさがった岡島を待ち受けた大野は、今度は自分の刀の鑑定をと岡島に依頼して「結構なもので御座います」と答えるのに対し、大野は「貴殿の刀も是非拝見したい」と言う。そして、「こんななまくら刀を持って、二百石(岡島は二十石五人扶持)を拝領する身が、まさかの時にお役に立てる思うか」と、岡島の前に苦々しく刀を投げつけた。そうして、取り囲む家臣達の満座の中で岡島は恥をかかされるのだった。その事を他の中間(ちゅうげん)から聞いた直助はいきり立つが、主人である岡島にも諌められ、悔しい思いを噛み殺して主人とともに城を下がって帰って来る。だが、直助は腹の虫が収まらない。
その夜、主人夫婦の食膳の給仕の際、直助も酒を飲めと進められるのだが、早々その場を下がり、部屋で寝入ってしまう。そんな元気のない直助に岡島は気遣い、直助の部屋に行くと、うつ伏せて泣き寝入っている。岡島はそっと、直助に着物を上から掛けてやるのだった。翌朝、家人が気がつくと、直助は書置きをして岡島家から出奔してしまっていた。
直助が赤穂からたどり着いたのは、大阪は堺の刀匠・津田越前守助広(志村喬)の門前。門番に何とか「御主人にお目通りを」と頼み込むが、取り合ってくれない。折からの雨に打たれるも、直助はその場を動かなかった。次の日の夜明け、そこに空腹と寒さで意識朦朧とした直助を放り出そうとする門番に「お待ち」と声を掛けたのはこの家の娘。その口ぞえもあって、津田家の下働きの下男として住む事を許された。日夜、雑事を一手に引き受け、鍛冶場から聞こえる槌の音に惹かれて覗き見をし、薪割りをしながら槌を打つコツを覚える直助。
ある日、助広が刀を打つ際に向かい打つ弟子が病のために仕事を休んでいると聞き、直助は自分やらせて欲しいと頼み込むと、許しが出る。だが、教えてもいないのに助手をこなす直助に助広は怒りだし、「技巧を盗みきたのではないか」と直助を疑う。刀鍛冶の修行は二年、三年で出来るものではないのに、直助は呼吸ともども立派に向かい打ちをやってのけたのだ。その誤解は直助が寝もやらず修練に励んだ結果でも有り、そこで直助は主人岡島の受けた屈辱をなんとしても濯ぎたい一心であった事を白状する。助広はそれを聞き、直助の鍛冶見習いを許した。
[ネタバレ反転]
やがて、直助は『近江守助直』と名乗り、刀匠として名が聞こえる存在となる。そんな頃、浅野長矩の誕生日に献上する刀を打って欲しいと尋ねて来たのは、主人・岡島その人だったが、師匠・助広は「越前守助広は留守だ」と答えて、まだまだ駆け出しの直助に会わそうとはしなかった。だが、後日きっと「岡島様のために刀を打とう」と、師弟二人で製作に励むのだった。
時が過ぎ、ある日の赤穂城。新進気鋭の刀工・近江守助直が献上品を差し出し、その御前にいる大野は今度は自分の刀を助直に鑑定を依頼すると、助直はなまくら刀と決め付け、盤面に乗せた刀を自分が打った刀で大上段に振り落とす。大野の刀はまっ二つに切り離されていた。直助は主人の受けた屈辱の言葉を、そっくり大野に浴びせた。そして、自分の打った刀を、主人・岡島に差し出したのである。
晴れて主人の恥辱を晴らした直助は、岡島と共に下城する。その周囲の木陰には、大野の家来が待ち伏せていた。直助の打った刀で敵を見事に討ち果たした岡島は、主人の草履を揃える直助に手を差し伸べ、しっかりと握り合うのだった。


『忠臣蔵』前史、とも言うべき外伝です。お話は講談として有名なもので、ほぼ忠実に映画化されています。主演は、晩年は時代劇の悪役でよく見た原健策(当時は健作)。アクの強い悪役で定評がありますが、若かりし頃のこの作品では、爽やかさと清潔感が漂っています。因に女優・松原千明のお父さんです。古い作品ですが、学生時代に見てボロボロ涙をこぼしました。ぜひ、DVD化してほしい作品のひとつです。

※VTR廃盤/未DVD化

Click here and go to Amazon

『必殺4 恨みはらします』 (1987・松竹)
監督/深作欣二
脚本/野上龍雄、深作欣二、中原朗
製作/山内久司、櫻井洋三
音楽/平尾昌晃
主題歌/テン・リー「ついていきたい」
編集/園井弘一
出演/藤田まこと、三田村邦彦、村上弘明、かとうかずこ、ひかる一平、真田広之、倍賞美津子、千葉真一、相楽ハル子、蟹江敬三、成田三樹夫、岸田今日子、 石橋蓮司、室田日出男、藤岡重慶、本田博太郎、堤大二郎、山内としお、菅井きん、白木真理

お昼どきの奉行所で見習い与力・安田小兵衛(石橋蓮司)が町奉行・長尾監物(藤岡重慶)に切りかかった。与力・同心たらは薄情にも我さきに逃げてしまい、監物は逃げ遅れた中村主水(藤田まこと)を盾にするが、主水がよけてしまったため小兵衛に刺し貫かれてしまう。この事件の不手際により、主水は向う半年の御扶持半額をお取り上げにされた。
後任の奉行には、若い女かと見まごうほどの美男、奥田右京亮(真田広之)が着任した。おけら長屋の居酒屋「おふく」で女将(倍賞美津子)をくどきながらヤケ酒を飲む主水が、店の外の騒ぎに表へ出ると、京劇の仮面のように顔をくま取った旗本愚連隊が暴れまわっていた。突然、愚連隊のひとりが乗っていた馬が暴走し、あとに首の骨が折れた浪人、平野弥兵衛(室田日出男)の死体が転っていた。
この暴走に疑問を持った主水は、馬の後脚に十字手裏剣が突きささっているのを発見する。ある夜、仕事人たちの会合が開かれた。元締の弁天(岸田今日子)から「旗本愚連隊の首領格三人の仕事料、六両」が提示される。安すぎる仕事料に帰ってゆく仕事人たち。依頼主は弥兵衛の娘、お弓だった。結局、主水と独楽売り、わらべや文七(千葉真一)がそれを受け、早いもの勝ちの勝負となった。ひとり目の的を文七に先取りされ、秀(三田村邦彦)たちにからかわれた主水は、右京亮の素性を調べてほしいと彼らに依頼した。
[ネタバレ反転]
数日が過ぎ、右京亮があの若さで町奉行になれたのは、老中・酒井雅楽頭(成田三樹夫)のヒキで、寺小姓から六番組、御旗奉行、町奉行とトントン拍子に出世してきたことがわかった。
そんな折、主水は円光院で大奥年寄・松尾、老中酒井、右京亮が密会する現場を目撃した。そこで将軍が、昔ここで慰みものにした菊という女の怨霊に悩まされていると知る。
再び旗本がおけら長屋に乗り込んだ。住人との乱闘となり、主水が駆けつけると、おふく、杉江伊織(本田博太郎)など多数の長屋の住人の死体が横たわっていた。これを理由に、奉行所はおけら長屋の住人を強制立ち退きさせ、旗本の首領、神保主悦(堤大二郎)らを切腹させた。
お弓も自ら命を絶ち、文七は本当の下手人を殺ると宣言、十字手裏剣の使い手・九蔵(蟹江敬三)と対決するが、相打ちとなって息をひきとった。その頃、円光院では酒井と右京亮が酒を飲みながら密談していた。
「おけら長屋に寺を建てれば菊の怨霊も鎮まるから上様も大喜び」と語る酒井に、右京亮は菊の弟だと告げる。驚いた酒井は「将軍に仇なすつもりか」と問いつめるが、血を吐いて倒れた。
「姉・菊から学んだのは、死ねば負けということ。将軍は大事な金づる」と嘯く右京亮が、邪魔になった酒井に毒を盛ったのだ。酒井の断末魔を囃し立てて見物する、右京亮と側近たち。そこに、主水、秀、政(村上弘明)、お玉(かとうかずこ)、順之肋(ひかる一平)が右京亮一味の命を狙いに現われた。
主水の怒りの刃が抜かれ、右京亮へと向けられた。




ケレン味あふれるストーリー、ダイナミックな殺陣、錯綜する謎、敵の不気味な蠢動……深作エンタテインメントが炸裂する大娯楽巨編です。極彩色の派手な作品となっており、とても面白い映画です!
……が、これ『必殺』といってよいのかなと、ちと迷う作品でもあるのです。暗殺というより、戦闘なので。光と影のコントラストが深い「静」という必殺の特色は、陽光とキンキラ衣裳に派手な立ち回りの「動」という真逆な描き方をされています。
それよりなにより、主水以外のレギュラー・メンバーがほとんど活躍しないというのが、ナンジャラホイです。流れ仕事人の「わらべや文七」や敵方の「九蔵」、旗本愚連隊やおけら長屋の住人たちといったゲストたちがクローズアップされていて、仕事人の影が薄い薄い。
他の作品の監督は『必殺』の世界に寄り添おうとしているのですが、この作品は『必殺』を換骨奪胎した『深作作品』となっているといえます。ただ、他の『必殺』劇場版がTVの拡大版という印象がぬぐえないのに対し、この作品はまぎれもなく一本の【映画】となっており、超面白いアクション時代劇だというのが、なんともはやなのです。
『狼よ落日を斬れ 風雲篇・激情篇・怒濤篇』 (1974・松竹)
監督/三隅研次
脚本/国弘威雄、三隅研次
原作/池波正太郎 『その男』
製作/三嶋与四治
制作補/猪股尭、小林久三
撮影/小杉正雄
音楽/伊福部昭
出演/高橋英樹、緒形拳、近藤正臣、西郷輝彦、田村高廣、佐野浅夫、松坂慶子、太地喜和子、峰岸徹、藤岡重慶、辰巳柳太郎

杉虎之助(高橋英樹)は旗本の家に生まれたが、病弱な身と継母のいじめに世をはかなみ、大川に身を投げた。それを旅の剣豪・池本茂兵衛(田村高廣)に助けられた。
彼を師とも父とも仰ぎ、ともに旅をしながら剣の腕を磨いた風雪の日々。
一足先に江戸に居を構えた虎之助は、心形刀流の道場主・伊庭八郎(近藤正臣)と知り合い友情を結ぶ。
ある日、師匠から礼子(松坂慶子)という侍姿の女性を送って京へ来いとの知らせを受ける。道中、薩摩の一隊に襲われるが、虎之助は撃退する。
京では、京都見廻組に参加し上洛した伊庭八郎と再会し、ふとした縁で新選組の沖田総司(西郷輝彦)、薩摩藩の「人斬り」と呼ばれた中村半次郎(緒形拳)と知己を得て酒を酌み交わす。
幕府側と討幕派が入り乱れ暗闘する京で、虎之助は師である池本から「わしは幕府に殉じる。しかしお前は生きろ。新しい時代のために生き抜け」と江戸へ帰るように諭される。
[ネタバレ反転]
実は池本茂兵衛と礼子は討幕派を追う、幕府密偵だった。
罠にかかり、薩摩の暗殺団に殲滅される密偵たち。
危機を察知した虎之助と礼子は急ぐが、一足遅く茂兵衛は凶刃に倒れる。
「仇は探すな」という師の今際の際の遺言で、夫婦として江戸に戻り静かに次の時代を待つ二人。
鳥羽伏見では、討幕軍と幕府軍が激突。幕府軍の惨敗に終わる。
京都を逃れる伊庭八郎、沖田総司。意気揚々と、官軍として東海道を下る中村半次郎。
礼子は、その美貌に目を付けた薩摩兵(藤岡重慶)に襲われ、一太刀浴びせるが斬られ息を引き取る。
怒りに燃えた虎之助は薩摩兵たちを殲滅する。
一方、沖田総司は病に倒れ、伊庭八郎は彰義隊、五稜郭と転戦し散って行った。
時は過ぎて明治。刀をハサミにかえた虎之助は、東京で床屋を営んでいた。
再会する杉虎之助と、中村半次郎=桐野利明。あらためて友情が育まれるが、西郷隆盛(辰巳柳太郎)が征韓論を巡り下野。一緒に半次郎も九州へ帰ることに。
ある日、客の軍人から聞いた話で、師である池本茂兵衛を斬ったのが、半次郎と知る。
箪笥から刀を出し、九州の半次郎を訪ねる虎之助。
対決する二人。互いのすべてをかけた斬り合い。つばぜり合いののち、虎之助の刀が半次郎の刀をはね上げ、地に刺さる二本の刀。
「仇は探すなという師匠の言葉がやっと分かった。あんたが師匠を殺したんじゃない、時代が変わるときの何か大きな力が、師匠や西郷さん、伊庭さんたちを殺したんだ。俺は東京へ帰るよ。あんたの東京進撃も、止められそうにないね」
「おはん、よか男じゃ」と笑い合う虎之助と半次郎。
歩き出す虎之助に、地から刀を抜く半次郎。
「わすれものじゃぁ」
「それは捨てたんだ」
しばらくして、東京の街に号外が。
「薩摩の戦争が終わったよ〜」
西郷隆盛、自刃。桐野利明、戦死。
虎之助の手から離れた号外は、風にのり河へ落ちる。
しっかりと前を向いて歩く虎之助の姿は、雑踏へ消えた。
時代は喜びも哀しみも呑み込み、河の流れのようにすべてを押し流していった。




激動の幕末維新を舞台に、血みどろで生きぬいた剣客、英雄たちの淒絶な人生のうねりを描いた巨編。故・三隅研次監督が最後に撮った劇場作品です。
池波正太郎の時代小説『その男』と『人斬り半次郎』をミックスし、高橋英樹&緒形拳という夢の共演が実現した超大作です。
浪人の杉虎之助、薩摩の中村半次郎、新撰組の沖田総司、京都見廻組の伊庭八郎。激動の時代を駆け抜けた、立場の違う男達の友情と数奇な運命が描かれ、心揺さぶられます。
この四人が京都の料亭で夜更けまで飲みあかすシーンは、やがて来る混迷の嵐の前の静けさで、輝きを放っています。
長大な原作ゆえに展開にダイジェスト的な省略が目立ちますが、見所はなんといっても、その凄まじい剣戟シーン。緊張感に満ちたダイナミックな斬り合いは、手に汗握ること請け合いです。
紹介した作品は、GEOでレンタルできます。
紹介した作品は、TSUTAYAでレンタルできます。
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
お役立ち家具の紹介
家具 家具通販のロウヤ 日本最大級のダイニング家具通販サイト ハイバックメッシュチェア オフィスチェア 家具 インテリア  家具通販のロウヤ 机・デスク 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ソファ 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ダイニング家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 収納家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ テレビ台 家具 インテリア 家具通販のロウヤ ベッド 家具 インテリア 家具通販のロウヤ 布団 家具 インテリア  家具通販のロウヤ ガーデン家具 家具 インテリア 家具通販のロウヤ
便利な楽天でお買い物
YAHOO!モバゲーでお楽しみ
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
287位
アクセスランキングを見る>>
リンク
創作小説サイト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧